久しぶりの忠別川

chu_convert_20151026213435.jpg
2015/09/23

ブログをさぼり記憶探索の旅にでているシュガーです・・・

9/21の尻別が振るわなかったので、久しぶりに忠別川に来た。
連休最終日なので、100回ぐらいフライを見ているニジマスが釣れるといいな。

日もあがり、超有名橋を渡る時見ると「おっ!誰もいない」
それじゃあ、100回フライを見切った奴に101回目のプロポーズでもしてみよう。
用意を終え、川にでるとグッドタイミング(笑)で対岸から人がでてきた・・・
遠くだが、あいさつをしてお互いのテリトリーでロッドを振った。見るとルアーロッドのようだがウキも付いている・・・
まあ、手前のほうからやったが当然無反応。
ならば、絶対やらないようなところに打ち込む。
すぐに、リーダーが引き込まれ25ぐらいの可愛いニジマスがあがってきた!やっぱこういうとこからなにかぁと納得。

その後も、小さいスポットを狙ってキャストしてフライの着水瞬間「ピッ」とリーダーが動いた!
chunizi_convert_20151026215223.jpg
32ぐらいかなぁ・・・
その後も2~3匹(なんせ記憶が・・・笑)
釣って移動。

ここも大きいのがでないが、数が出るとこ。
(あっ!間違えました!大きいのはいるけどボクには出せないとこ)
水が少なかったので、対岸に渡りキャスト!すぐに、引き込まれて可愛いサイズが・・・
ここでも2~3匹追加して上流へ!

chu2_convert_20151026215937.jpg
ここでも1匹追加で移動!

堤防を走らせても、あんまり車がない・・・。相当厳しいのかねぇ・・・
ど本命のポイントもスンナリ入れたが、いかにものとこは無反応。膝下ぐらいの瀬から、ようやく30ぐらいのが釣れた。
こりゃあ、結構やばいね~。

さて移動!
駐車するところに、夏にたくさんいたデカイ蟻の姿もない・・・
あれ見ると大昔に見た「黒い絨毯」をいつも思い出すのはナゼだろう。
さて、減水した岩盤を下っていく。いつぞやは、身体が水平になって転んだところもあるから要注意ね!
手前とスリットを何度も流して2匹ぐらい・・・
大場所に着くと、ボクの技術でも対岸のスポットが流せそうだった。
スポットの上流から沈めていくと、「ビシュ」と音は出ていないが、そんな感じでリーダーが引き込まれる!
すかさず合わすと、「グン」と派手なレッドバンドを見せて反転。きたぁ~~!!
と思ったら明らか倒木に巻きついている・・・
しばらく動いていたが、魚の手ごたえは消え倒木の手ごたえだけ残ってるし・・・
食ったのか、最初から引っかかったのか今となっては不明・・・(笑)

その後、移動し何匹かのチビと遊んでもらって帰宅。
思えば、最初のが一番でかかった(笑)
スポンサーサイト

忠別川 リベンジ失敗ver

2015/07/24

小指が痛いシュガーです・・・

前日のちょっとした仕事を片付けて、「おれ明日休むから・・・」と宣言。
十勝方面へ行こうと考えていたが、天気予報では雨らしい。旭川方面は曇りか・・・
ギリギリまで迷ったが、大雨みたいなので、ダムが上流にあってなんとか水量が安定しているであろう忠別川をチョイス。
前回の忘れ物&小指&釣れない事件のリベンジもあるしね(笑)

この時期は、濁っていても活性が高いのは解っている。むしろ普段イヤというほど叩かれているんだから警戒心も緩くなるだろう・・・
そして人は来ない!昨年もうまくいったから今回はとんでもないことになるんじゃないかと思ったのが・・・

結論・・・。ダメダメでした・・・・・

今回も、夜中に出発!それも意気込んで・・・(今考えるとバカみたい・・・)
で、暗いうちに到着。「ん?なんかやばくない?」と熊に聞こえるように大きな声で独り言!
川を見ると・・・結構な量と結構な濁りです。「あちゃー、一日早かった色だなぁ」とこれは誰にも聞こえないような独り言。

まあ、前回できなかった激戦区①を!
すると、1投目で小ニジが・・・・。「おっ!いいじゃん」これは、大き目の声かな。
それから、結構流しました。はい!それはもう、たくさん流しました。
結果2匹追加。

で、激戦区②へ!当然ここまで誰も居ません。超有名志比内橋なのに・・・・
tyu_convert_20150727231708.jpg

おー!いい勢いで濁ってるわ~~~(だめかな・・・)
tyu2_convert_20150727232027.jpg
とにかく、流しまくる。自分の感覚では、端から端。上から下と流したつもり。ただ、いかんせん流れが速く、いいとこは、さーって行く。そういう時は、相当上からの流れを利用して下をくぐらせてるつもりだが、ダメだったんだろう・・・
結局、小ニジ3匹。

続いて、激戦区③.一番やりたかったとこだ。
ここは、いつも思うがダウンやサイドのターンでは、なかなか出なく戻るときのアップに反応する。
やはり、下りながら流してもダメだったが、帰りにアップでやると出るわ出るわ!
25以下の小ニジ連発でした・・・

さて、移動と思いきや、仕事の電話が山ほど入る・・・
東川の道の駅で、やりとりを終えた時、なんか気がはいらなくなった・・・・

「よし!美瑛川に行こう」ちなみに、これは人がたくさんいたので心の声である・・・

調査だ調査!1/25000地図で、色々見ることにしよう!まずは、観光だ!道の駅で、カレー系のお土産を!
さあ、橋だ橋だ!覗くと・・・
「ガビーーーーン」
超濁流です。そりゃそうだよな。同じ山で、しかもダムもないんだから・・・・
支流も含め色々調査したが、やれる雰囲気もなくフラノーブル寄って帰るか・・・

biei_convert_20150727234138.jpg
こんなに天気いいのになぁ

biei2_convert_20150727234515.jpg
「美瑛川 4日後なら 大爆発」
お後がよろしいようで・・・・







忠別川のニジマス 最悪ver

2015/07/18

釣りに行きたい病と、治ったら、再度行きたい病を繰り返すシュガーです・・・

久しぶりに、パワーのある幅広ニジマスに出会えるかもしれない忠別川に行こうと決めていた。
それと、時間があったら美瑛川の調査もできたらと、前日に国土地理院の1/25000の地図も買った。
スマホでもいいが、画面が小さく不便かなと・・・

夜中に出発する久しぶりの本気モード。だって土日の忠別は、混んでるんだもん。
今回は、久しぶりに釣り用の軽でもあるネーキッドで出発。夜にでたのは、高速を使わないのも理由のひとつ。どうしても、普段スピードをださない軽で高速走行すると年式のせいか分解しそうな気が思いっきりしていたためだ。
快調に、275を進み、頭の中で「どこにはいろうか」「早いから激戦区がいいかも」「フライは何を結ぶ」などなどAir-Gを聞きながら運転していた。道の駅たきかわを過ぎたあたりでふと、あることが脳裏をよぎる「あっ」!!
と、とてつもない大声をあげた。映画館であげたら周りから怒られるほどの声!赤ちゃんがいたら突然泣き出すほどの声!入院しているお年寄りがいいたら安らかになるであろうの大声をあげた!

「リール」いれたか?
いや、この時点で解っていた。自分でも完全に理解していたはずだ・・・。
家を出るときの、部屋全体の俯瞰図を脳は覚えているはずだ・・・。リールを一回見たのは覚えている・・・
とりあえず、車を止め調べるが当然ない。
どうする?
店開くの待って買うか?いや、店も知らないし最低10時だろう・・・却下
リーダーとティペットのみでテンカラ風にやるか?届かないしフライが飛ばないだろう・・・却下
戻るか?いや戻るしかないだろう・・・採用

戻る前に、ボクは生きていて最大の窮地になると試すことがある。
子供の頃、壊れた時計とスプーンを持ってテレビの前に行きユリゲラーの超能力に驚愕していたボク。
そのボクにも、潜在能力があるのではと思い、一応目を閉じてやってみる!
「テレポテーション」!瞬間移動にチャレンジして目を開けたが、明らかに滝川市である・・・
さらに、矢沢永吉ばりに「時間よ止まれ」と唱えるが、チクタク時計は進んでいる・・・
ダメか・・・・
ちなみに、露天風呂とかで隣から可愛らしいであろう若い子の、はしゃいだ声が聞こえると「透視能力」を唱えることもある・・(笑)

10秒ほど無駄にしたが、Uターン。
途中、自分のバカさかげんを反芻しながらハンドルに頭を付けて反省・・・。
明るくなったときに、激戦区に立てると思っていたが、明るくなった時には、我が家の玄関に立っていた。
急いでリールを掴み、家をでる。
こりゃあ、高速だなと車庫を開け普段車からETCカードを抜く。とりあえず、分解しないで旭川北インターを出れたので、東川町に向かう。激戦区はダメだろうと、第2ポイントへ着くと、車が5台・・・
第3ポイントに着くと車が4台・・・
ため息をつきながら、志比内橋を曲がる。やれそうなとこを探すが、ここまで車は12台・・・

それでも、以前に50UPを釣ったところが空いていたので駐車して、まずは上からスタート。
水の色も流量も申し分ない!
tkawa_convert_20150719125253.jpg

対岸付近の緩い流れの2投目で、ジャンプ2発の元気なニジマスが釣れた。
30ちょいだが、本当にココのサカナは強い。一瞬ナイスサイズと勘違いしてしまうほどだ。
tnizi_convert_20150719130551.jpg
ここで、3匹追加して下流へ向かう。途中のガンガン瀬で小さいニジマスが釣りながら、大場所へ到着。深いポイントだが、岸際のターン終わりにヒット!その下流の深瀬でも追加。ここまで大きいのは全く出ない。

一度車に戻り上流へ向かうが、思ったほど車がない・・・
と走っていたら、7/15つまり3日前に熊が出たらしい看板がおもいっきり立っていた!これが原因?
少し怯えながら、鈴と笛を鳴らし川へ降りると、結構な流れである。
そこで第2の事件が・・・ポイントへ向かう激流を横切っていたら、足をふいに取られた!
右腕が浸かったが、なんとかキープ。しかし、小指を痛打!!
「痛っ!」「もげたか?」いや、ある。
じゃあ「折れたか!」いや、曲がる。しかし痛さが尋常でない!
ロッドを握るのもまままらないが、釣り欲が勝り、なんとかキャストを続ける。
サカナも気を遣ってか指に負担のかかる大きい奴は食ってこない!そんな気使いいらないのに・・・

ここでも1匹追加して、今度は下流へと車で移動。
ハンドルも痛くて、小指が立つ!まるでキザな役者のような振るまいだ・・・
その後、有名ポイントやら久しぶりのポイントを回って、20匹以上のニジマスに遊んでもらった。
結局、一番最初のサカナが一番大きかったような・・・

本当に、忠別川はニジマスの魚影は濃いが腕が悪いためか大きいサカナは最近出なくなってきた。
いるんでしょうがね~~。
今回は、やりたいとこがやれなかったが、以前は、人がいても結構それなりのサイズ釣れたんだけどなぁ・・・と。
写真は、指が痛くて撮る元気がありませーん。っていうか撮るサカナもいませんでした~
帰りには、小指の間接がぶす色になって大きさが人差し指ぐらいになっていた。

今回は忘れ物といい、小指痛打といい、釣れたサイズといい最悪の事件簿となった。
収穫は、ネーキッドは高速乗っても壊れなかったことが判明したことと、軽は高速料金が安いということが解ったことか・・・
次回の場所は、未調査の美瑛川にするか遠出するか・・・。まあ小指しだいでしょうね。

















今期初の湧別川

2015/06/17

サザンの葡萄ライブで、ハッピーのハッピを着て気合を入れたシュガーです・・・

今年初の、大好きな「湧別川」に行ってきた。
いいという人もいるし、いまいちという人も・・・・

丸瀬布を降りてポイントへ向かう。高規格道路の建設が進んでいるが、昔良かったところは立ち入り禁止となっていた。
便利になるが、川には・・・と微妙です。
最初のポイントへ向かうと、車が3台!おいおい平日なのに・・・
はい、移動!

yuubetu_convert_20150621220705.jpg
昨年、60弱が出た好きなとこからスタート!
コンディションはいいが、サカナが出ない・・・

ようやく、手乗りニジマスが1匹です。
その後、ステップダウンしながら探っていくが一向に反応なし。
で、手前の強い流れの奥に、少し深くなっているところが・・・。いるならココでしょ!とうまく流れてくれた。
「ドン」ってきて、ようやくサイズが上がった相手は・・・
yuubetusakura_convert_20150621221436.jpg
禁魚・・・・をリリース。

その後、数ヶ所移動したが、ウグイと禁魚のみ。

湧別=はずれなしがくずれつつあります・・・・
まあ、今回は、新しいSimms Vaporの試し履きだと思えばいいっか(笑)
で、vaporはというと、とても軽く履きやすい!気に入りました!ボクはフェルト信者なんですが、今回、地球上で1番滑るであろう平たい石に乗ってしまったが、20cmのムーンウォークでビタッて止まり、とても安心できた!

ラスト湧別川

2014/10/09

ウェーダーのピンホールがわからず頭を悩ますシュガーです・・・

今年、おそらく最後になるであろう湧別川へ、久しぶりにSさんと行ってきた。
狙いは、巷でささやかれる秋の荒食いをしているニジマスだ。
まあ、ささやかれるぐらいだからボクには声は届くまい・・・

以前、毎週のように通っていたSさんお気に入りの中流域に入るが、ワンポイントで下流で調査をまず開始。
川に着くと、濁っている・・・。上流は澄んでいたので、生田原が濁っているのか工事でもしているのか・・・

まあ、できない濁りではないので早速開始!
投げる!流す!投げる!流す!・・・・
まったく無反応・・・・
色々試すが全てダメ・・・
そして、事件は起きた(最近こればっか)

ウェイトをケースから出してベストに戻すとき「チャポ」と超可愛らしい音が足元で鳴った。
ん?ベストの膨らみが・・・。ぺったんこ・・・
えーーーっ!ウェイトをケースごと落とした~~~!
命綱のおもりが、無残にも流れていきました・・・・。拓海くんばりに高速コーナーを完全なナチュラルドリフトで流れていきました・・・・
昨日、補充したばかりなのに・・・
えーと、6ピースのクリアケースで、全部ゴム張りで、1.B.2B.3Bってちゃんとわかるようになってまして・・・
ちなみに名前は書いていませんが見つけた方は、どうか大事に使ってやってください!

気をとりなおせなかったが、取り直したフリをしてキャストするが、うんでもすんでもない。
あきらめたら安西先生に怒られそうだが、結局場所を当初のポイントへ移ることにした。

いつもは、上流から降りるが、今日は下流からのぼって止水ポイントを目指す。
途中の好ポイントも反応がなく、深みでようやく小虹がニンフを見つけてくれた。

DSCF1012.jpg

DSCF1009.jpg
25cmぐらいだが、ものすごくうれしい1尾。ありがとうございます。

その後、同ポイントから3匹の同サイズ!
気を良くして止水に到着。

DSCF1019.jpg
何年かぶりに来たが、少し浅くなっている。
先に到着していたSさんに聞くとライズは無いという。ひととおりやったようだ。

ならば沈めるかと数投後、「グン」
頭振ってでかそうだが、なんか違う感じ・・・

DSCF1016.jpg
50UPのアメマスであった。

その後、ライズを発見したが食ってるのはメイフライではない感じ。ならばアントを!
しばらく流していたら大きい顔を出して一発で食ってきた!
「あっ!早いっ!」当然スカである。
久しくドライから遠ざかったからか、浮かれて早あわせでした・・・・
数投後、ワンテンポ置いて出たのは、さっきとはくらべものにならないサイズ。

それから寒くなってきたし4時も過ぎたんで終了とした。
天気も良く、風もなく絶好の釣り日和でしたが湧別らしいでかいニジマスは、ボクには姿を見せてくれなかった。
たぶん今年は最後だろう。来年こそ!と願い帰札した。
もちろん、眠眠打破を飲んで!



道北案内惨敗記

2014/0927~28

どこか行くたびに忘れ物をして、「忘れん坊将軍」の称号を拝命しているシュガーです・・・

27日に以前から約束していたエンゴサクさんと道北の名流「湧別川」に入った。
ボクは、28日に旭川に行く用事があり、くそ寒いのに車中泊と根性を見せることにした。
元々、別の川を予定していたが、湧別川の素晴らしさを原稿用紙5枚分語りつくし無理やり連れて行くことにした。
そうとなれば、情報収集!湧別の神様と言われている方にお知恵を拝借した。
神様は、前日にも入ったらしく、いつものようにデカニジを連発させたようだ。

当日、丸瀬布の道の駅で待ち合わせ、途中水が異常に少ないのを気にしながら、ご指南どおりの場所を目指す!
着いて、「さあ、どうですか!この素晴らしい川は!」と行ったことのないポイントを目の前にして手を広げ、まるでこの町の町長のように観光大使を気取ったボクをエンさんはどう思ったのか・・・。
怖くて聞けません・・・・

さあ、行きますかと思った時、事件は起きた・・・・
準備していた2本のロッドチューブを見ると、ビューラーのプラチナムスペイ・・・これじゃなく、いつもの・・・
ん!にゃにぃ~~!ECHO・・・・。たしかにカタカナに直してもエコーと書いてある・・・。
オレンジ色のタバコではない・・・
あちゃぁ~!またやった!ビューラーのスイッチを忘れてきている・・・
しかも2日間・・・。地獄だな・・・・・
「だ、大丈夫ですよ」「ロール多用で肘に負担ならないように」となぐさめてくれるエンゴサクさんにも申し訳なく、引きつった笑いで「で、ですよね~!」と強がった・・・
ピンポイントの流れにキャストできないが、まあ、やるしかない!

yu1.jpg
最初の絶好ポイントを譲り、ボクは下流へ。

開けたいい感じの瀬で無反応・・・
次の対岸が河畔林になっている流れでようやく当たりが・・・

yu2.jpg
小虹であるが、生態確認はできた。

途中交代しながら下って何ヶ所から最大30までのサイズが遊んでくれた。

yu3.jpg
倒木の奥から引きずり出しても30まで・・・

エンさんも苦戦しているようだ・・・。移動ですねぇ。
「えーと、次は1級ポイントっすから!」と大きなことを言いながら向かうことにした。

「さあ、どうですか!この深み!」と、明らかに水が少ないポイントだったが神様の言葉を思い出し粘る!粘る!粘る!
と二人とも納豆の宣伝ゆるきゃらの如くやったが、全然ダメ・・・・・・
はい、移動しましょ・・

「次は、ボクがでかいの釣ったとこですから!」と「下流の神様最大ポイント」です!
力強く語っても響いたかどうかはわからない・・・・

明らか」ここも水が無かったが、早速やってみる!しかし、でてくるのは、やはり綺麗な小虹である・・・
下流ポイントにはフライマンが納豆ゆるきゃら状態だったがダメみたいで撤収していった。
その後、流してみても無反応でこの日は、終了。

エンゴサクさんは、用事があるらしく帰札することになった。
こんな遠いところまで誘ったはいいが、思った釣果が出ず本当に申し訳ないでした。ごめんなさい!
あんなに丁寧に教えていただいた神様にも申し訳なく思い・・・。ごめんなさい!
しかし、数々のドラマを演出してくれた名流の湧別!
明日に向け、早寝だ!

寒さで何度か目を覚ましたが、すっかり疲れも取れた!
で、事件は起きた!
よし、まずはコーヒーだ!
「えーと、水にコーヒー!カップにバーナー。ボンベはと・・・」 ん!無い!あれ?確かに入れたぞと違うバッグを見ても・・・
にゃにぃ~~!忘れた・・・・。
ひとりごとながら「おい!おい!」」と呆れる・・・。まさしく「おい!小池!」のようにボンベを指名手配したい気持ちである。

青島刑事!事件は本当に現場で起きるんですね!

気を取り直して、神様ご推薦の場所へ!
うーん、いい流れである。ちょっと餌師さん向きだが、でかいのがいそうな雰囲気抜群である!
で、1時間もしたら、最初の気合のキャストがだんだん力無くなってくるほど無反応。

「どうしよう・・・」
ほかのポイントも見てまわったが、なんか今回はダメっぽいんで早めに旭川へ向かう。
用事は夜だから、忠別川を少しやることにしよう。

t1.jpg
時間もあまりないけど、こんなところを流していく。
来る前に車が出て行ったんで、小さいポイント狙いだろぅ。

5、6匹30までの綺麗な小虹と遊び下流へ向かう。
実は、そこに向かうのは理由があった。
前回の、すっころび事件の時、こぼした物を全部拾ったつもりだったが、買ったばかりの「シーガーR-18フロロリミテッド」も落としてきたらしく、もしかしてあるかなぁ・・・って淡い期待を抱いてのことだった。
はい!もちろんありません!
同じものを前日購入したが・・・流されたか、拾われたか・・・。いい人に拾われたらいいのにな・・・R-18だから18歳未満は見ちゃダメよとバカなことを考えながら深みにキャスト!グン!と一発で35ぐらいのが釣れてくれた!

t2.jpg
結局2日間で一番大きいサカナとなった!

今回は、案内役としては大変不甲斐なかったボクですが、また、懲りずに行きましょうね!
まあ、課題の健康面では転倒もなく良好だったので次回は、忘れ物をしないで狙ったサイズを釣りたいですね!







初秋の調査釣行と痛い思い・・・

2014/09/15

昼顔と聖女に、はまっていて「女みたい(笑)」と、かみさんに言われているシュガーです・・・・

ちょっと仕事が忙しくなかなか休みが取れなかったが15日に無理やり、道北の支流に行ってきた。
事前情報では、水もクリアでいい感じらしい。
今日は、いつもの上流から下流域まで幅広く打つ広角打法の張本ばりに攻めて見るつもりだ。
はたして、「あっぱれ」となるか「喝」を入れられてしまうのか・・・

まずは、大好きなポイントへ!
前回も大濁りの中、自分にしてはナイスサイズがポンポン出てくれた場所です。
着く目前、運転席と助手席にベストをかっこよく決めている、明らかに釣り人の自動車とすれ違う。
戦場カメラマンであってくれ!と願うも、シャーロックホームズが隣にいたら「はい!釣り人です。それもたくさん釣った後です」と推理されたことであろう。

まあ、ここではいつものことなので!まぁ、やってみよう。
水は透明!しかし水量が少ない。上にダムがあるので、調整されるのはいたしかたない。
おかげで、他が釣りにならない時でも、できるメリットがここの川だ。
しかし、明らかに水が少ない!ボクは、忍びの里の出身ではないので、多分サカナ達からバレバレだろう。
1匹釣れるのに相当流すこととなった・・・。それも小虹・・・
「よし!今日はここから下ろう」と誰に宣言するでなく下を目指す!

kawa11.jpg
結構な瀬の連続だが、水面が、わずかに平面になっているところや、底石周辺、石裏からの流れと本筋がぶつかっているところ、岸よりのゆるいとこなど丁寧に流すと、小さいながらも綺麗なニジマスが数匹。

kawa21.jpg
いい感じなんだけど、サイズが伸びません。

大場所のゴール地点でも、出るのは最大25cm・・・
見切りをつけて車で移動する。
岩盤ポイントに着くと、人がいます。今、あがってきた風です。
少しお話を伺うと、「小さいヤマメが釣れました」とのこと。了解を得て入らせていただきます。
いつものように、フライを振りながら歩いていると・・・
「ズルッ」
100%バナナの皮を踏みました・・・
やばいと思った刹那、イリュージョンショーのように自分が水平状態に・・・
もろ、背中からすっころびました。当然、人間は本能で身体をかばうんでしょう!そうなんでしょう!
左肘でかばったおかげで痛打!めっちゃ痛いです。
しばらく左肘が痛くて動けません。それでなくても、キャス下手で右肘が痛いのに・・・
両方痛くてウルトラ怪獣ピグモン状態です。

それでも、サカナの顔を見たい品格のかけらもないボクは、何事もなかったように釣りを続けた。
しかし、大場所でも釣れるのは小虹ばっか・・・・
こりゃあ移動だねぇ。

途中いつもの水門を見ると、大解放!パチンコ屋さんなら全員大もうけ状態です。
こりゃあ、下の水量はハンパじゃないね!
かすかな期待を持って移動すると、やっぱり多い。やれないことはないが、久しぶりにもっと下がろうと思い、また移動。

kawa41.jpg
護岸付近は、流れが早すぎですが、ちょい上のたまりで3匹の小虹・・・

kawa31.jpg
その下は、水が落ち着いていればグッドな場所なんですが・・・
岸際を、ゆっくり進み丁寧に流す。
まあ、出るわ出るわ。小さいのがたくさん。最大でも30cmです。しかし、ここではでかいのが出ても獲れないだろう。

kawa5-1 (1)
ストマックを見ると、超小さいヒゲナガラーバとアリ。それと食われたばかりであろう、よくわかんないいわゆる虫が入っていた。
ここでも調査を行い、当初の目的であった下流の探検に向かう。
橋が、いっぱいあってよくわかんないが入れそうな場所があったので車をとめて川へ向かう。
対岸には2台止まっている。あんなとこまで行けるんだ!と場所を知っている方々をうらやましく思いながらヤブをこぐ。

kawa5-1 (2)
上と違い石が少ないため、ポイントは絞りづらいがいい流れである!
明らかにでかいのがいる典型的な流れのような気がした。ここは、その中でも若干深くなっているところ。
なんとか粘って、30前後の綺麗なニジマスが釣れてくれた。

その後、釣りくだりながら岸際のゆるいながれにさしかかったときに「ドン」と来た瞬間、ドロッパーからぶちきれた。
あらら・・・
品格のないボクだが、なぜか今回はそんなに悔しくなく、むしろ「やっぱりいたか」の思いが上回っていた。
下流域は、ライトスペイの方がいいのかもしれない。
そんなことを考えながら石の上を歩いていると・・・
どの石かはわからない・・・石にナンバーが付いている訳ではないので不明だが、突然バランスを失った!気が付いたときには、ロッドを投げ出し、その辺に転がっていた。
転がる直前に左手をついていたのだが、ついた手がなんとも痛い・・・・。痛すぎます・・・。
転んだ姿勢からロッドとリールの無事を見届け、ベストのポケットから飛び出したモノタチを拾い上げた。
とにかく何十年もやって、あまり転ぶことのないボクとしてはちょっと残念・・・
受けたことはないが、千本ノックの920本目ぐらいにヘロヘロ状態だったのかもしれない。
まあ、これが世間でよく言われるトシのせいなんだろぅ・・・

今回は、大きいサイズは享受できなかったが、調査だと思えば満足のいくものだった。痛いのは超不満足でしたが・・・
次こそは、狙った場所から狙ったサイズを釣り、健康な身体で帰りたいものです!









道北2河川 ~碧色と濁色~

2014/08/17

そろそろ、学生さんの夏休みも終わり、JRが混雑するのをビクビクしているシュガーです・・・

世間一般では、お盆休みと言われる期間ですが暦どおりのボクは、日曜日の今日にようやく釣りに行けた。
今日は、肘サポーターも用意して準備万端^^

いつもの道北にある石狩川支流へ行こうと思ったが、大雨の影響があるらしく保険をかけることにした。
よって、普段は275か高速だが今回は桂沢湖経由です♪

ガソリン代をやたら気にする、かみさんに「豊平川にして」と懇願(笑)されたが「ハイハイ」と軽くいなし寝ている間に出発。
前回は、玉砕した川だが入ったところにサカナがいなかったとポジティヴに考え今回は場所を変えてみる。
今回釣れなかったら、もう行かないもんね!と背水の陣ですw

aokawa.jpg
相変わらずの碧色。観光客が殺到するのも、うなずける・・・
前回よりも水はクリアだ。

入ってすぐの長い瀬で、マドラー風のウェットを結んだラインが引き込まれた。
35ぐらいのたぶんニジマス。ばれちゃったからわかんないけどw
とりあえずの生体反応の確認はできた。

その後、若干上がったが反応なく戻ろうと思ったら、お得意の黒いニンフをヤマメが見つけてくれた。

yamame1.jpg
25ぐらいか・・・。同じところから30ぐらいのイワナもw

とりあえずの生命確認作業を終了し本命河川へ移動。

nigori1.jpg
おーっ見事に濁っていますね(笑)
まあ、まっ茶々ではないので釣りにはなるでしょう。
透明度30cmもないけど、こういう時はこのフライと、この流し方でと言い聞かせ開始。

とりあえず選んだ場所で粘ることにしよう。この水の色だったらボクの腕ならポイントは2ヶ所ぐらいしか思い浮かばないんでw

50cm刻みぐらいで全部を流す(つもり)!で、ようやく・・・

nigorinizi1.jpg
小さいけどメチャクチャうれしい1尾。うれしすぎてギュッってしちゃいすぎましたw

その後、30弱が釣れてストマックを・・・。なんか藻みたいのしかでてこないし。
もう1匹釣れてから、ラインがいきなり引き込まれた!

で、でかい!てか、なんも見えないから感覚的にそう感じるのかも(笑)

nigori48.jpg
ようやく取り込むと完璧なボディをしたニジマス!47,8といったとこか・・・
この状況で、よくあんな小さいもん見つけてくれたよ。感謝ですねぇ。

nigori2.jpg
相変わらずの色ですw
しかし、普段からストーキングに無頓着なボクとしてはいいかも♪

やり方は間違っていないと思い込み(思い込みは大事だよね~)続けていると・・
リーダーがグッと止まり、合わせるとザザーとラインが走る。

nigori43.jpg
写真ではわからないが、超幅広の綺麗なニジマスが!ネットサイズから42ぐらいですかね。

その後、魚っ気がなくなり移動。
いつもの日曜日なら間違いなく10台以上は車を見かけるが見事にいない♪
貸切ですね(笑)

nigori3.jpg
同じ川なんだから当たり前だが、ここもこんな感じ(笑)
ここでは・・・

nigori30.jpg
最大25ぐらい。でも相当うれしいですねぇ。

この状況なら、もうやれる場所がないので最初の川に戻ってバレちゃったのでも取って帰ろうかなと思い移動。
朝と同じ場所に車を止めて、同じところを流すも無反応・・・
少し上がっても、なーんにも釣れない・・・
何ヶ所か移動しながら帰っちゃおうかなぁと考えていたら、少し上流になんとなく良さげな場所が・・・
下から順番に流して、いよいよ本命へ・・・

ドン!と衝撃的なアタリがあり、エメラルドグリーンのでかい物体が走る。
で、でかい!と、いうより、なんだあの色は!!
とにかく、真緑のでかい奴だ!なんとしてもバラシたくはない・・
ティペットは、シーガーのフロロ1.2号なんで信頼はある。これ以上下がられたら激流でおさらば間違いなし。
なんとか耐えて耐えてバット勝負に持ち込みなんとかゲット!

midori2-2_convert_20140817222232.jpg
とにかく背中が、鮮やかなグリーン!てか、何色と表現していいかわからない。なんとも言えない感動がある。
この碧色が育む色合いなのか・・・。とにかく見とれてしまった!サイズは55cmであったが取れたことが素直にうれしかった。
midori55.jpg
最大限の感謝を込めてリリースさせてもらった。

この川も、奥が深い。調査が必要かもしれないね。








Newフライの試し釣り

2014/08/03

肘の診察で先生から、とにかく使わないこと!と言われたが、なかなか守れないシュガーです・・・

とにかく暑いし、水もかんばしくないとのこと。
せっかくNewフライを巻いたのだが、試す川をどこにするかと迷う。
せっかくだから、サカナ釣りたいですもんね^^

サイズはとやかく、はずれは無いだろうとボクにしては気合の夜出発(笑)
久しぶりに旭川の本流ぽい支流に行ってみる。
今日は、日曜だから激混みだろう・・・
ポイントごとのスポット釣りも仕方ないなぁ

まずは、微妙な言い回しだが最上流部。

DSCF0927.jpg
水は少なめだが、透明度はすこぶる良い^^
最初から、おNewフライにしようかと思ったが、まずは生命確認のため実績フライをw

ん、こない・・・。ウンでもスンでもない・・・・。
よしっ!新フライにチェンジ!
流すと、ゴン!のらないがバイトはある。
しつこく流すと、35ぐらいのニジマス!思いっきり頭ふってきたからでかいと勘違い(笑)
ホント、ここのサカナのパワーは凄いなぁ

その後も20台の小虹が数匹。その後、場所移動だが既に車が・・・
わずかの区間をやるも上にも下にも人(笑)

はい移動。
おっ!いっつも車あるところにないので早速。
相当叩かれているのか、いい流れからは小さいのばっか。30オーバーは、瀬のわずかなヨレとか、浅めのスポットで出る。

DSCF0930.jpg
ここでの30オーバーも頭振るし、でかい奴特有の重量感が手に伝わる。30ですけどね(笑)
かけた場所が場所だけにヤバイと思った自分が・・・・悲しい。

その後、好きな岩盤ポイントへ。
車もなくすんなり入り大場所へ急ぐ。
ボクが初めてだったのか、出るわ出るわ^^小さいのばっかが。
ここでも30ちょいまで・・・・

水が少ないため普段行けない下流までやれて調査と思えばいっか。
またまた移動したが車はない。ここも岩盤ポイントだが水深がありでかいのがいるとこ。らしい(笑)

DSCF0932.jpg
ここも、まあ出るわ出るわ。小虹が。まあ、ボクの腕では仕方ないでしょうねぇ。
ここでも30ちょいまでw
結局、数だけは50?60匹ぐらいかな(笑)サイズは、1番最初のが1番大きかった~w

その後、下流域を少しやったがダメだったが、マドラーをウエット風にしたもののver2も良い武器になるとわかった。
明らかにver1より簡単で反応もよかったので間違いなく主力になるであろう。
DAIICHIの1560の長さもピッタリで満足。
ウェイトをかましても釣れたから、今後レッドワイヤー入りもいいかもしれない。色もオレンジとか入れると華々しくなるかもねw
ホイットレーのウエットケースがこれと、ソフトハックルでびっしりになるかもです~

今度は、どこで試すかなぁって、肘をさすりながら思案中(笑)
















道北行脚 vol2

2014/07/13

車を変えて初めての車中泊に修学旅行生なみにワクワクしたシュガーです。

先程の川から、およそ100km。オホーツクに注ぐ出ぐ大好きな川である。
道中、またも睡魔が襲うのを仮眠で退治。
これで、自分のコンデションも最高だ。後は、(自分的に)でかいのが釣れるだけである。

今日は、探索も兼ねていた。最初入ろうと思ったところは、イタドリ街道、イタドリトンネル、イタドリ地獄と愛称が次々でてくるところで断念。さすがに、まだ行けない・・・
次の場所は、イタドリ三昧といったところだったので車を歩く速度にまで落とし進む。
前は、人から心配されるほどガンガン行ってたのになぁ。
進んだ先に車を止め川へ向かう。
川を見た瞬間「おおおおおっ」と驚愕の声が出た!
まだ、あったんだぁ!こんないいとこが!
今日は、ここで粘ることにしよう!そう思えるほど素晴らしいところだった。

kita21.jpg
大物気配濃厚です。
あちこちでライズもあり、サカナにスイッチも入っています。
ニンフからウエットに変更してライズをとることにした。
すると1投目から25ぐらいのニジマスが!
その後も、数匹釣れたところで、ニンフ1本にして3Bをつける。
ダウンクロスでターンさせる流しからスタートしたが、当たりがない。やはりサイドアップからナチュラルに流しポイントに送り込んだこうがよさそうだ。
うまく流れているなと思ったときに・・・
「ドン」とロッドごともっていかれた瞬間、どでかい姿が水面を割った!
ロッドはビューラークラシックスイッチの#4/5と貧弱そうだが、強さがあるので早めにバッド勝負に持ち込みたかったが、とにかく走るし重く、パワーがハンパでなく何度もラインが出される。
なんとかパワーをうまく御して、とりこむことができた。とにかくホッとした・・・

kita23nizi.jpg
幅がとにかく太い・・・
珍しく図ってみると、59で1cm短かった・・・

kita24nizi.jpg
このサイズは久しぶり・・・・。
何枚か撮ったが、確認もしてないのでピンボケだった(笑)

その後、少しやったが当たりが遠のいたのでやめることにした。
ラーメン食べて道の駅まで行って、お泊り会のスタートである。

kita25.jpg
スノーピークのシュラフの下はサーマレストだから、なんとか凹凸は回避。場所がせまいので、ピクニックの上にウエーダーセットを。着替えはトートへ一式。コーヒーセットや、プリムスバーナー、ケトル、カップは子供のおさがりのジャックウルフスキンのリュックへ収納。釣り具やゴチャゴチャしたのは買い物カゴへ。
疲れていたせいか爆睡だったが、4:30という早い時間に起床(笑)

今日は、場所変更。以前よく通った場所だ。

kita26.jpg
流れが大幅に変わっていた。

kita27.jpg
こんな時間なのに、先行の車が2台。
一人は上流でやっている。じゃあ、もうお一方は下かぁ。残念!
一応行ってみたら、対岸でルアーを振っている。お声かけしたら、下に行っていいという。またしてもありがたいことです。
川が変わって、今までのポイントが消えているが、1投目から30ぐらいのが釣れた。ラッキーである。

kita28nizi.jpg
うまくニンフを見つけてくれた。

kita29yamame.jpg
ドロッパーのマドラー風を見つけてくれた、ヤマメ。
下に向かおうと思ったら人が上がってきた。人気河川だから仕方ないですよね・・・
今日は、短い区間だったが、大きくないニジマスとヤマメに遊んでもらった。
移動しようかと思ったが、肘も痛くなったので早々に帰路についた。

高速割引下がるし、ガソリンは高くなるし、札幌アングラーにはつらいとこですが・・・
また、通いがはじまるかもなぁ(笑)










道北行脚 vol1

2014/07/13

肘が痛いのに、痛くないとウソをつかなきゃ釣りに行けないシュガーです・・・

7/12~13と道北の「羆が守りし渓」と「大好きランキング第1位の川」に泊まりで行ってきた。
11日の22:30に札幌を出発。8速クルージングの成果で燃費17.9kmに浮かれて運転していたが、それはそれ。睡魔は関係なく襲ってくる。途中の気絶を仮眠という名の簡単な対処法でクリアし現地に到着。
ここは、羆が番人になっているような川だ。
しかし、このところサカナのサイズが伸びずフラストレーションがたまり下手なボクでも一発あるかと思い起死回生にチョイス。
爆竹、笛、鈴、くまスプレー、携帯悪人退治スプレー、最悪格闘になった時のナイフと念の入れようだ。
まあ、どこに行くときでも常備してはいますが・・・(笑)

まずは、上流域。

kita1.jpg
で、でそう・・・。サカナでなく熊が・・・

kita2iwana.jpg
ここでは、かわいいサイズのイワナとニジが2匹。

時折、後ろを振り返りながらの釣りだがいっこうにサイズがあがらない。
ある程度くだって川通しに戻り移動しようと見たら3人組みが大場所でやっていた。
聞くと、下流は人が多くここに来たという。
時間も過ぎたから、みなさんいなくなっているであろう安易な考えで移動。

中流域の有名ポイントへ。
そこにも車があり、橋の下の大場所で2人組が粘っていた。
話をすると、ここから動かないのでどちらに行っても良いとのこと。札幌組にはありがたいお言葉です。
下に、お仲間がいたので上流に行かせてもらった。

何ヶ所か攻めたが、小さいニジと大きいウグイのみ・・・
ナイスな場所で粘っていると、草の中から2人組の餌師が・・・
「ここはダメだから~。サ○ラマス釣れるとこ教えてあげる~」と!「ご親切に~」と苦笑いして上に行く。
ここでもサイズがあがらないしと思っていたら上流に釣り人発見!
はい、移動です。
これだけ人が入っていると、最早、釣り人が守りし渓である。絶対熊は出ないと思うことにしよう。
先程の、釣り人がいなくなっていたので、橋の下へ行く。

ここで、ようやく来た甲斐あるサカナが!
そいつは、合わせるやいなや、猛烈に走り回り、猛烈に潜りまわり、途中岩盤下に逃げ込みリーダーが切られるかとヒヤヒヤさせながらも何とかキャッチ。

kita3nizi.jpg
グリップの長さから見ると46か47だろう。
しかし、サイズ以上の暴れぶりに感謝である。バウアー逆転音がこんなに鳴るなんて、ラインドレッシングをかけている時の自ら逆転音以来である。
気を良くして続けるが、チビッコが1匹なんで移動。

下流域に到着すると車もなくラッキー!
しかし、いかに熊はいないと思っても薄暗い獣道を歩くには勇気がいる。
ここで何を思ったのか断念。
急遽、予定河川に行く決断を!これが後に幸いとなる。





新しい靴が残念な結果

2014/06/21
明日から家族旅行なんで、あわてて釣りに行ったシュガーです・・・

どこもかしこも雨続きで、散々でしたね。
ようやく晴れマークついたんで、あわてて行ってきました。
道北河川の新規開拓といつもの支流。

その前に、愛用していたパタゴニアのシューズのトゥのゴムが剥がれた。フェルトは全然いけてるのにゴムは何度補修したことか・・・
kutu.jpg
この靴、好きなんだけどなぁ。でももう無理ですね。
一応、くっつけたんで予備か湖用かなぁ。長い間お疲れさまでした。久しぶりの長期休暇をとっておくれ^^

で、今度はこれにしました。
kutu2.jpg
ロッククリークとかいう靴です。
テムズさんに行ったら、パタゴニアのウルトラライトとかいうのもあって、かっこよかったんですが、やっぱり同じようにフロントにプロテクトゴムが・・・。これが、やばいんですとお伝えして、SIMMSにしちゃいました。ガイドはかっこいいんですが、虚弱なボクには重すぎて・・・。
今日からデビューなんで、よろしくお願いしますって感じ^^

で、向かった先は前からやってみたかった川。
近くに、いつもの川もあるんで安心です。

結果からいうと論外っていうか単に下手っぴなんですが、なーんにも釣れず・・・
かわいそうなデビュー戦です^^;

早々に川を変更。
konizi2.jpg
こんなのばっか・・・

何ヶ所か人のいないポイントを探したところがここ。
ganban (1)
もう少し水があるとスリットにいいサイズが入るんですけどね。
小虹を釣って本命の下流へ。
takusan.jpg
ここまで、ダラダラと流し続け・・・。
ここの1投目。ダウンで流していたニンフがターンしたとき暴力的に引っ張られた!
頭ふってあばれること2秒後、フワ・・・
はずれた?いや、フライごと持っていかれました。
その証拠に、直後でかい体を2回ほどジャンプ。うまくはずれていたらいいんですが・・・・
また、やってしまった・・・。ダラダラと流し続け大場所前にチェックしないこと・・・・。
まあ、その後出るはずもなく未練たらしくやったけど小虹がたくさん・・・・
一発目から本命を流してるんだから、いたら最初からでかいのでるわなぁ・・・バカ!バカ!バカ!

その後も新規ポイントも含め移動を重ねたが、最大でも30もない・・・・
肘も痛いせいか集中力もなくなり帰ることにした。

天気は最高なのに、ヒゲナガもモンカゲも飛んでたりして、いいはずなのに・・・
なんか超消化不良な1日だったなぁ。

次回頑張るぞって、肘どうにかなんないかなぁ^^;

濁って冷たくて寒かった道北

2014/05/18

恒例の娘のタイヤ交換に行ってきたシュガーですw

本当は11日に行く予定だったのだがスケジュールが合わず今日、娘のタイヤ交換に行ってきた。
結構面倒な作業なのだが合わせて釣りにも行けるのでヨシとしているw
なのに連日の雨と寒気団と称する集団が大挙して来ているらしくとてもついていない・・。

3時間ぐらいしかできないが、実績のあるところ、深いとこ、浅いとこ、ゆるいとこ、流れのあるとこ、本流筋でないとこ、表層、中層、底、ナチュラルドリフト、サイド、ダウン、引っ張り・・・・・・・
ニンフ、ウェット、ソフトハックル、ドロッパーなど手を替え、品を替えやってみたがボーを食らってしまったww
湖じゃあるまいし・・・。
まあ、寒いし、濁ってるし、冷たいし、今日の午前中に杉坂名人がハイパーのロケで全部釣ってしまったんだろうと言い聞かせるw
ほんとのところは、実力的にこんなもんだろうと納得(笑)

kakokawa_convert_20140518225301.jpg
デジカメを忘れたので過去の画像ですww
まあ、必要なかったっすけど・・・




ついでのラスト忠別



日本人初の船長若田さんってすげ~なぁ!て思うシュガーです。
2013/11/4iPhoneから

旭川に住む娘のタイヤ交換に行ってきました。まあ、ついでに近くの忠別でラスト釣行かな。

なんだかんだで着いたのが10時半!F1ピットクルー並みに交換できればいいんだけど…
それでも急いでやっても川に着いたのが12時ぐらい。振れても3時間ぐらいですね。今日は釣り専用クルマなんでどんなとこでも入って行けます!
なんて考えて助手席のロッドケースに目を!
で、二度見!!
にゃに~!なんで8番ダブルがここにある!最悪です!5番スイッチと間違えてます。
もう一気にやる気なくし状態MAX…

ホントにやめようかなと思ったけど奮起してつないで見る。
長っ!重っ!ライン軽っ!の三連発。
まあ仕方ない!自分のバカさ加減に腹立ちながら流す。
流す!流す!
釣れないし…

ちょこっと移動。釣れた!
まったくロッドが曲がらないサイズだし…

まあこんなもんだ!
で、また移動。なんとか30台を連発してロッドが曲がってくれた(笑)

すっかり冬が近くなっている忠別川でしたが川のコンデションも素晴らしく少し満足。
重いロッドを持って筋肉痛になったんで美唄の温泉につかり帰りました~




やられてないけど、やり返す!~忠別川~

2013/09/04
こんばんは、なんで雨の日を狙って休みをとるのか理解できないシュガーです。

天気やコンディションとかタイミングが悪く超久しぶり釣行です。
本当は十勝に行きたかったんですが、旭川在住の娘に用事があり忠別にした。

天候はというと公平に全道的に雨模様・・・
かみさんに「なんで今日?」とあきられながらも8時出発のお気楽釣行♪
「オレ下手だからさぁ、雨のほうがいいんだって!」と言い残しラピュタのある雨雲に向け高速に乗り込む。

ところが!なぜか旭川だけ降ってな~い♪ 超ラッキーですね♪

平日だけど2台クルマを発見!まあなんとかなるしょといつものポイントに入る。
ところが、いつも出るところで無反応・・・
「着くとこ違うのかな」と下流に移動すると、ようやく釣れてくれました。

sakana1
35前後ですが、めっちゃ強い!
今日は、ここなんだ!と理解してからは結構釣れる~。指のり手乗りですがw

プチ満足したので場所移動。

sakana
結構速い流れからようやく出ました!
下のプールまで結構走らされたギラギラの超幅広♪
50あるかなぁと思ったら切れてました!でも凄い引きでしたんで満足です~

kawa
帰りにここに移動するも最大で30弱・・

指のり手のりが多数・・腕のりwが1匹でしたがボクにしては上出来です!

帰りに東川のモンベルで娘にあげるシャツを買って終了~




2匹目のどじょうは何処?

2013.7.14

こんにちは、2匹目のどじょうを探して彷徨うシュガーです。

前回の忠別の話をお友達のsugiさんに話すと14日行くぞ!となり再度挑戦です。
車はもちろんsugiさんのXVですw

当然のように左に曲がりイタドリ原生林へ。
「お~っ、行くね~」「何こんなの気にしてんのよぉ」など話していたら、「キーーッ」と急ブレーキ!
「なしたの?」

イタドリ地獄が、スバルアイサイトに見事反応しひき殺さなくてすみました(笑)
完全にTOKIOのCM状態ですw

アホなこと言ってるうちにポイント到着。到着と同時に林から車・・
まあ、なんとかなるでしょ。

着くと「水少なっ!」5日で超減水です。やな予感・・・

30ぐらいのを頭に数尾・・。写真とりたい・・。

で、あちこち移動。25を筆頭に数尾・・。だんだん小さくなるし・・。

で、水が少ないとできるとこへ。
ソフトハックルにしたのもあって20を筆頭に数え切れないくらい・・・。
手乗りどころか指のりですw

tkawa_convert_20130715155353.jpg
ラストポイントで30前後を数尾。サイズ元に戻したぁってsugiさん、今日は釣れなくてごめんなさい。
懲りずにまた行きましょう!平日にw

釣りの途中に、パタゴニアリバーウォーカー(だったかな)のゴムが剥がれてきた。

pata1_convert_20130715155719.jpg
時に転倒寸前をガッチリ守ってくれたり、「よしここで滑らせて転ばせよう」などお茶目な部分もあるこのシューズは、はきやすく気に入っているのだがフロント部分の補強ゴムがよく剥がれます。あきらかに剥がれるであろう場所にボンドって。パタゴニアさんにしては珍しい。

pata2_convert_20130715160247.jpg
乾いたら貼ることにしよう。
やっぱりウェーダーに合わせてSIMMSかなぁ。




X1に魂入れました(笑)~忠別川~

2013.7.9

こんばんは、シュガーです。

個人的にバタバタしていたが、ようやく新しい友達のX1に魂を入れに行けた。
これからは林道や山道、泥道と草の中を走りますのでよろしくね~。

で、いつもの堤防を曲がると・・・
「やばっ!イタドリ地獄・・・」前のオデッセィのサイドに「こんな模様だっけ?」
と思わせた無数のストライプをつけた張本人、イタドリである。

静かに進むが・・「ササッ」と聞こえるので横道にエスケープ。(根性ねぇなぁと自己嫌悪)

という訳で上流を目指しわき道に駐車。

kuruma_convert_20130710224230.jpg

これからもよろしく~♪

いつもは賑やかな忠別川ですが、平日なのか水量なのか雨振りなのか狙う場所には誰もいない。
9時と遅いが(ボク的にはいつものこと)ゴアをまとい歩いてポイントヘ!(今までなら奥の草の中まで行ってたのにね)

若干水が多いがイイ感じです。ロッドもスイッチにして正解かな。
ヒゲナガがブンブンしている中、2投目で30ちょいだが元気者がドロッパーを咥えてくれた。

続く3投目では、ガツンといいサイズが!ガバガバと水面を割ってあばれていたら「バシーッ」ってドロッパーから
ぶったぎっていかれた。あらら・・

やな予感したのでニンフのみでやり直し!

ttnizi_convert_20130710224335.jpg
40UPのうれしいサイズ!

その後、立て続けに40UPが出る!

t42_convert_20130710224310.jpg
こいつはよく引きまくりました。

50ちょいも出て、ボクには出来すぎです。これでX1に入魂されました(笑)

その後、何ヶ所か流して少しのニジマスに遊んでもらって大満足。
まだまだ川は渡れそうもないけど相当いい感じですね。近いうち車を乗り換えて(笑)また来るとしよう♪






とんでもない本流の後の悪夢・・

2012/10/27~28
旭川に住んでいる娘のために冬タイヤを届けて交換してあげることになった。
妻いわく「土曜日から行って泊まって来たら~」そこまで言うなら2日間いつもの本流で釣りして参ります~。あくまで目的はタイヤ交換ですからw

時間もたっぷりあるから余裕の出発です。
もうすぐ到着ですが遠くには白くなった山々。
yama_convert_20121028212222.jpg

土曜日だから釣り人も多いことでしょうね~。いつもの橋を渡りいつものように堤防に入る。1台・・2台・・。
遠くに3台目が見えるので、手前に入ることにする。

気持ちのいい秋晴れで雲ひとつない!なーんて今日はいい日なんだぁ~。
紅葉もさらに進んでいる。あっという間に雪降っちゃうからねぇたくさん遊んでおきましょう。
kawa1_convert_20121028212546.jpg
ここはいっつも車停まっていますが・・。今日は一等席が空いています。
たまたま前回いいサイズも出たことだしやってみましょう。
思ったとおり2投目ぐらいで本日最初のニジマス。サイズは25ぐらい。
ちょっと下がって出たのが35ぐらい。
37n1_convert_20121028213308.jpg
kawa2_convert_20121028213810.jpg
ここだけで6匹。なんとなく今日の付き場がわかったぞっと独り言。

hou_convert_20121028214257.jpg
ホウライっぽいですがコンディション抜群である。

kawa3_convert_20121028214813.jpg

ここまで10匹ぐらい釣れているが、その後のポイントでとんでもない大爆発が起きることとなった。
404nizi_convert_20121028215550.jpg
405nizi_convert_20121028215634.jpg
一ヶ所で40UPを含むサイズが5本!合計10匹以上。こんなことあんまりないんで超びっくり。(成魚放流した?)

さあ、娘のとこ行く前に温泉はいってゆっくりします。天気も良いしサカナもたくさん釣れたし風呂も気持ちいいし~。たまにいいよね~。 後に起きる最悪な出来事があるとも知らずのほほ~んとしているのであった。

思い出し実況中継・・
「確かここ曲がるんだよなぁ」「右にウインカーっと」「おっ、赤か」「ちょっとマップ見るのにニュートラルに」
ゴンッ!!!!!「ん」「ちょ!なんで前の車にくっついてんの~」

とまあボクの不注意で相手の方にも大変ご迷惑をおかけしたしだいです。警察よんだり保険屋さん電話したり・・
相手のバンパーの写真とったり・・(新しいiphoneで初めてとった写真がこれとは・・・・)
本当に申し訳ありませんでした。もう明日の釣りやめよっかなぁ・・

ちょっとブルーな気分でしたが娘と飲んで少し回復。泊まらせてもらって翌日に本来の目的のタイヤ交換。
不謹慎でしたが少しだけ行きますか~。

昨日とはうって変わって曇ってるしとても寒い。しかし~「おおおおおおーっ」番町皿屋敷のごとく数えたら10台!!!
ピンスポットで入るしかないw
で、いるんだろうけどあんまりいい思いしたことないポイント。
28kawa1_convert_20121028221959.jpg
「おっ」いきなり30前後がヒット。続いて同じとこからLサイズとカン違いするぐらいの元気なMサイズ!こいつはランディング失敗して下流の激流まで走られ一苦労させられたw
2837nizi_convert_20121028222511.jpg
28kawa2_convert_20121028222756.jpg
好きなとこだけど下手だから2匹までしか釣れないポイント。
2835nizi_convert_20121028223141.jpg
35ぐらいのMサイズだが派手なジャンプとヘッドシェイクを繰り返した将来有望なニジマス。
やっぱり1匹だけw

もう一ヶ所移動したとこで、ロッドを振るどころか立っているのもつらい強風が吹いてきて早いですがやめることに。
天国と地獄(ボクの不注意なんで言い方マズイよね)の釣行!じゃなくタイヤ交換でしたがとても楽しめました~。

帰りに砂川市のナカヤさんで超絶アップルパイのお土産を買ってかみさんのご機嫌をとる姑息なボクであった・・・
nakaya_convert_20121028231421.jpg






紅葉がすすむ本流

2012/10/22

ぐっと気温も下がってきたなか、北の本流へでかけてみた。紅葉もほどよく色づき十勝の山々も白くなっている。
ご一緒してくれたのは、エンゴサクさん。

初めての釣行でありましたが、うらやましいぐらいの釣行の話をたくさん聞けました。特に本流のダブルハンドに造詣が深く色々教えていただき感謝します。

さて、引き出しが一段しかないボクにうまくご案内できるでしょうか・・・。

まずは、前回ティペットを切られた深~く長~い瀬。ここならダブルも流しやすいはず。うん・・
30分後「ごめんなさい、下行きますか・・」下流からルアーの方が二人きたけどなんとかなるでしょう。

ちょい下の長~く深~い瀬に移動してすぐのボクの心の声「ちょ!待てよ・・なんで釣れない?」

さすがにこの下の早~く長~い瀬では出るだろう。と思ってホントに出てくれた。25ぐらいのニジマス。
見てくれましたかぁ~魚はいますよって少なっ!ホントにごめんなさい。

そうしているなかエンゴサクさんにも待望のニジマスが。よかったですね~!よかったなボク・・。

次は、絶対いるところですよっ!のポイント。ボクは下流に行って普段流さないとこにロングキャスト。
着水と同時にラインが走る。あわせた瞬間ロッドがのされ反転したギラリが見えてフックアウト~。
まあ、お決まりだけどね

さて軽いランチをとって次は、人気があるからたぶんいますよっ!のポイント。その名のとおり踏み後がキッチリ。
エンゴサクさんもいいところに流して釣っている。

ボクはというと、うん?根がかり?グングン引っ張ったらバッシャーンってトルプルアクセル決められてフックアウト~。な~んかこんなのばっかって思っていたらうれしいサイズ。
5nizi_convert_20121024215148.jpg

ラストチャンスも近づき何時も出来ないポイントに移動。見ると・・やっぱり水量が多くできない。
時間も迫っているからボク自身はいったことないところに!
last_convert_20121024215230.jpg
ワンポイント的だが素晴らしいところ発見。
さすが奥の深い川なのを再確認してロッドをしまった。今回は、エンゴサクさんにうまく案内ができず消化不良でした。次回リベンジですね!エンさん懲りないでまた遊んでくださいね~







急に決まった本流行き

2012/09/26

25日の夕方に「明日行くから休みな」と命令され、突然の本流行きが決まった。まあ天気的には26日しかないかなと・・。

ゆっくり出発して到着が10時半ぐらい。前回の大混雑と違ってだーれもいないw
水の量、水の色は最高レベルです。

kawa_convert_20120927221616.jpg
ここからスタート。ナイスなサイズがファーストキャストから出ます~♪今日いいかもw

tnizi2_convert_20120927221915.jpg
パワーもあるし色も綺麗♪
この後も順調に釣れまくる。ちょっとした場所にから普通にいいサイズが出てきます。

初の釣り人を発見したが余裕の回避w
透き通った秋の空の下、キレイな流れから、綺麗な魚が釣れてくれて心が洗われます~。


tnizi_convert_20120927222959.jpg
最後に着いているのはわかっているが、なかなか振ることのできないポイントに行ってみた。しかし流れがきつく危険度レベル5だ。あきらめきれず20mぐらい遡行して流すと一発ででた。「やっぱりいるよね~」次回の楽しみにとっておくことにしましょう♪

大渋滞の本流

2012/09/22

暑さも雨も落ち着いたので旭川方面の本流に、釣り人口調査と水量調査に行ってみた。
ボクにしては早く7時前に到着。川沿いを進むと「お~!います!います!」当然一級ポイントは大渋滞w

好きなポイントへ向かうと、ルアーマンが上がってくる。少しお話しすると「餌釣りの人が先にいてがんがん釣っています」と残念そうな顔で言う。

まあちょっとやってみますか。
ごあいさつして投げさせていただく。竿長っ!いいとこ流してるっ!あわせるっ!釣るっ!とまあリピート作業を見せ付けられたので早々に退散w

kawa_convert_20120923175612.jpg
この上のスレまくりの一級ポイントでやりなおし。ん?人か・・・
すでにそこを終わってるであろう餌師が歩いている。やっぱり超人気河川はゆっくりスタートでいいねw

とまあ小さいのでもとナメテイタラ・・トツゼンラインガハシル・・・
3Xブッタギリ・・・アゼン・・・

まあいつものことですが残念。なんか今日だめっぽいなぁ。

下ってようやく小さいけどやたら引いたニジマスが1匹。

konizi_convert_20120923175757.jpg
申し訳ないけど、たぶん食べているであろうヒゲナガラーバのサイズが見たくて

suto_convert_20120923182546.jpg
本当にごめんなさい。

さらに進むと、ん?人か・・餌師2人ですね。
ここまでかぁと車に戻り朝一ポイント今なら空いてんじゃねと移動。
おぉ!誰もいない。もう既に人さえいなければどこでもいい状態になってきている・・

40ni_convert_20120923175529.jpg
先ほどの方が残していてくれたおかげで40ぐらいかな。このニジマスを含め3匹。
上を見ると、ん?人が入ってくるのが見えたw
さ~移動移動。

kawa2_convert_20120923175712.jpg
ここは流れも強く深い。釣れるのは浮いている小さいのだけ。
底がなかなかとれないからサイズアップしない。対岸に移ってやっていると、ん?どっから現れたんですか?と聞きたいぐらいの忍者まがいの3人餌師w
普通に頭ハネで流してくるしね(笑)いいとこ流すなぁ・・底とってるのかなぁ・・・でそうだなぁ・・・
でたなぁ・・・結構でかいなぁ・・・スケールだしてるなぁ・・・

自分のヘタレかげんに怒りつつ、さあ上行こーっと、ん?遠くにフライマンと餌師とルアーマンのトリオ?
さ~移動移動w

で、ポイントごとの釣りを繰り返し、やめるタイミングもつかめないまま、時間が過ぎあげくの果てに道の駅で
ウェーダーを脱ぐという荒業で終了した。

調査結果
水量:ちょうどいい 水質:まあまあ 魚量:たくさん(へたっぴのため漁獲量わずか) 釣り人口:過去最多

306.90
208.42
118.11





月末なのに突然決行の本流

8/31
前日に突然「明日夏休みとるわ~」って決めちゃいました・・・

睡眠時間が大量に必要なボクには珍しく夜中の2時に出発。朝からやっちゃいましょう作戦です。
5時ぐらいから超有名ポイントからスタート。

25ぐらいのが1匹のみでポイント移動。またまた有名ポイント。

kawa_convert_20120902213105.jpg
さすが月末の平日。人に会いませぬ♪

40r_convert_20120902213237.jpg
40upが出て一安心。

kawa2_convert_20120902213155.jpg
あっちこっち行って、たくさんのニジマスとヤマメに遊んでもらえて感謝感謝~♪



いきなりの夏休み~豊平川~

2012/08/09

8日の夕方に思い立ったように翌日の休みを決めてしまった。
かみさんは娘のとこいって帰ってこないし・・・。そしたら行くしかないっしょw

夕方から用事があるんで近いとこで豊平川・・。またまた遅い出発なんで4時間くらいの調査ですね。

toyohira.jpg
前回より水がない・・

toyohira nizi
小さっ・・・

miyama.jpg
流れを見るとプカプカとミヤマクワガタが・・。この先行ったら絶対溺死だと思い救助!
救ってあげたのに威嚇行為を続けている。この怒りは、もしかして暑くて自らダイブ?ならごめんよ・・

彼に「森にお帰り!オーム!」と声をかけナウシカを気取ってしまったw

3回目の本流

2012/7/19

前々回と前回に続く本流。

DSCF0504_convert_20120721193433.jpg
水量も透明度も抜群。天気も最高~。この川にくるのに今月で3回休んでしまった・・。
相変わらずアンダー30がたくさん。それはそれで楽しいのですがね。

大きいの釣れないなぁ。

306.92
208.15
117.80

前回のリベンジ本流

7/11休みをとって前回のリベンジへと向かう。
ボクにしては12時出発で朝からやるなんて・・・超張り切っています。

でも・・・。慣れないことはするもんでない。運転して30分で睡魔の第1波・・コンビ二で熟睡。
結構寝て、再度出発♪ 一瞬で第2波・・。適当に停めて熟睡・・

結局4波ぐらい食らって着いたのが5時。まあ、それでも普段より5時間以上スタートが早い。
それに、今日から使うロッドも楽しみだぜぇ!

ビューラー
振ったこともないスイッチロッド(ビューラークラシックスイッチ)。専用ラインが間に合わずフルラインを使用。

力だけなら45は!
あんま大きくないけどパワーだけなら45はあげよう。

調査をしながらの釣りでしたが、40ぐらいが2匹と数え切れないくらいニジマスが遊んでくれた~w

波の間のスポットから
こういうとこから引きずりだすのが超楽しい~w

めっちゃひく~
お~引くわ~ww

超満足満足なんで、またもやイブニングやらず~

306.96
208.28
117.87

いい感じの本流

7/1日曜日、9時という遅めの出発。今年初めて入るお気に入りの川だ。
言っても昨年から好きになった河川界の新参者w

新参者だから全然把握できてないし・・。どこがいいのかもわかんないし・・。人とも会わないし・・。
また、適当に入りやしょう!

DSCF0488_convert_20120702222043.jpg

おおーーーーーーっつ!この時期どこも「いつものように幕があ~き~♪」の渇水なのに。
ここを知り尽くしたかのよう一言。「ベストじゃん!」

一投目から#4のウエットにヒット。幸先いいじゃん♪

その後、どこからでも釣れる。確かに釣れる。
最大30弱とは・・・。という訳で魚写真はなしw

そして、根性なしだから、イブニング前に撤収・・
家帰って、大きいの釣れなかったと報告すると。「実は下手なの?」byかみさん

「はい。素直に認めます・・・」

306.94
208.18
117.78

初秋の本流

2010/09/17

こんばんは、シュガー・・です。

先週の写メに触発され絶対今週は行こうと決めていた。本当は16日に行きたかったが相方は休めないと・・
仕方なく天気が思わしくない17日にいつもの本流に向かった。

なんかいつもより長く感じた道中だが、無事いつものポイントに到着。
水少なっ!最初の一声だ。
まあ、ここでははずしたことがない。やってみましょう。

釣れない・・。当たりもない・・。
相変わらずカラフトが元気に飛び跳ねている。
少し不安を抱きながら下流に。

少し下がってなんとか最初の小さいニジマス。

saisyonizi_convert_20100918123705.jpg
ふむ。こんなとこにいたか・・。

ならば、ここにもいるでしょうと、流していると。いいサイズが出てくれた。

30up_convert_20100918124013.jpg
すごく暴れてくれた元気もん。30ちょいかな。なんか一安心^^

目指すエリアは2ヶ所。どちらも実績はある。
最初のエリア。何十投もするが生体反応がない。このとこ随分釣り人を見かけるので抜かれたのかなと自分の腕を棚にあげる。まあ、次に行きましょ。次のエリアは水の影響をもろにうける場所だ。
しかし、ラインが届けば必ずサイズは50を越える。

さあ、着きました。水が少なくいつもより前に行ける。しかしライズはない。
腰まで浸かりながら延々と投げる。が反応なし。あちこちでカラフトが跳ねているが目指すニジマスのライズではない。

そんな中ラインが届き、フライが岸から5cmを綺麗に流れた瞬間があった。
モワ・・。そんな形容がピッタリな吸い込み。

でた!ドンドンと2回頭を振られる。手に伝わる重さは明らか50オーバー。次の瞬間フライを切られあっけなく終了。超悔しい思いが腕に残る。まあしゃあないですね。

一つ前のエリアに戻り、いつもなら激流に流されて明らか「犬神家の一族」状態になるとこも立ち込めたので普段流せないとこを狙ってみる。
おーっ!やっぱりいました^^

43nizi_convert_20100918232020.jpg
40も軽く越えている大満足のサイズです。そしてとても綺麗なプロポーションとカラーリング。

こんなの釣れてくれるからまた通ってしまう大好きな本流も、もう少しで紅葉が始まりそうな秋の気配に包まれていた。

遠軽77.28
開盛50.27


オホーツクの本流2日間

2010/08/20~21

こんばんは、シュガー・・です。

金曜日に休んで一泊しないかと。悪魔のささやきが・・
休みはいいけど日帰りにしての要望は、こんな天気は二度とない、雨降ってないから水は最高など。無残にもかき消された。ささやきどころか、むしろ大声に近い誘いに乗ってしまった。

着いてみると水は最高状態、天気も最高だ。

oho_convert_20100821204034.jpg
いつもはニンフを結ぶが、今日はドライでスタートしてみます。
ガバッ!出た。間髪いれずジャンプ。それもイルカの曲芸のように立ったままジャンプ3回。で、でかい。
ブツ・・・。脱力感MAXデス。
まあ、こんなもんです。しばらくしてお決まりのニンフに変更。

ohonizi45_convert_20100821205217.jpg
いました。45ぐらいの綺麗なニジマス。
ん、満足。
その後も、最大25のヤマメとか30前後のニジマスがたくさん遊んでくれる。

ononizi2_convert_20100821205628.jpg
ヒレがでかい。
とにかくヤマメとニジマスが本流の重い流れとあわせて引きまくる。

ohonizi3_convert_20100821210036.jpg
タランチュラに反応し、結局オレンジカディスに出た。

ohoka_convert_20100821210323.jpg
ここを含む新ポイントも調査してみよう。

ohonizi4_convert_20100821210600.jpg
街中でもいいとこあるのがわかりました。
そこでのニジマス、30ちょいかな。サイズの割には異常にヘッドシェイク。

イブニングも含めたくさんの本流ヤマメ、ニジマス、アメマスと遊べ、とても充実できましたぁ。
「行こう」とささやいていただいて感謝デス。




道北の2日間

2010/07/18~19

こんばんは、シュガーです。

恒例?の道北一泊ツアーである。雨が続き、渚滑は濁りがとれないとの情報だが上ならなんとか釣りになると思いとりあえず車を走らせる。

浮島インターで降りて橋の下から4人でゆっくり入渓。
今回初渓流の御仁もいらっしゃるから無理もできない。ここから下しかできないだろうと思っていたら3,4人の似たようなパーティが停留していたので、ちょっと遊んで移動。食事をしてから湧別へ向かう。

水が少し多いので2エリアだけ攻める。

tatenizi_convert_20100725013938.jpg
綺麗で幅広の湧別ニジマス。
途中集中豪雨にあうが元気なニジマスやヤマメが遊んでくれた。

konizi_convert_20100725014442.jpg
サイズの割りに元気いっぱい。
雨がやみそうもなく1日目を終える。お酒を飲んでバカ話をしている間も雨は降っていたんでいやな予感はしていたが次の日、本流を見ると濁流・・・
支流の武利川に移動。

muri1_convert_20100725015816.jpg
murinizi_convert_20100725020030.jpg
muri2_convert_20100725020239.jpg
若干水が多いが10年振りくらいの武利川

muri3_convert_20100725020605.jpg
murinizi2_convert_20100725020803.jpg
透明度が高く気持ちがいい。こんなサイズと遊んでもらい楽しませていただきましたぁ。

お目当ての湧別川があんまりできなく消化不良でしたが次回の楽しみということで日が高いうちに札幌へ戻ることにした。



遠軽の本流

2010/7/2

こんばんは、シュガーです♪

本日は急遽休むことにして高速も繋がり快適になった遠軽まで行ってきた。
相変わらず暑いようだが、予報では午後から局地的に大雨らしい。自分の居場所がピンポイントで攻撃されないことを祈りながら向かう。

水量はベストに近いが自分の中ではもう少し下がって欲しい気がする・・・

engar_convert_20100702214552.jpg
ここを含む3エリアを集中的にやろう。

nizi3_convert_20100702215442.jpg
nizi2_convert_20100702215616.jpg
これは大きくなる予感・・

nizi_convert_20100702215735.jpg
30ぐらいだが圧倒的な流れの中での暴れっぷりで、体感サイズは42w

とんでもないのは相変わらず出ませんが、たくさんのニジマス達に遊んでもらいイブニングを待たずして札幌に戻った。今月中にリベンジしたいものである。

遠軽77.45






プロフィール

シュガー

Author:シュガー
アイにティペットが通らない・・
タイイングでフックが見えない・・・
老眼が進行中のFly Anglerです。

だいたい釣れません・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード