東の本流レインボーの誘い

the hokkaido east@fly
07 /13 2015
2015/07/11

iphoneのメルマガに閉口しているシュガーです・・・

8日に続き、東の本流に行ってみた。
前日に飲み会があったが、体力がないせいか、元々明るい時に行って明るいうちに帰るつもりでいた。
日もすっかり上がっているせいか到着すると、車が1台いない。

早速前回ポイントから下っていくこととしよう。と呑気に構えていたが期待ポイントをことごとく過ぎていく。
サカナはいるんだろうけど渋いなぁと思っていたら、ようやく緩い流れで1匹が・・・
tokanizi_convert_20150713000931.jpg
40弱のレインボーをなんとかキャッチ。

その後、冷たい水にウェーディングをしていると。違和感が・・・
なんか、水圧が少ないような気が。
後方からの、放水音も心なしか聞こえない。横をみると、水がどんどん減っていく。
toka_convert_20150713001356.jpg

それから、すぐに自分を一気に追い越していくほどのスプリンターが釣れた!30ちょいだが、ありゃあスプリンターの中でもトレノですね・・・(懐かしい・・・)

しかし、水が減ってからは、人はどんどん増えていくが、サカナからのアクションは皆無。
上下の人数を数えたらMAX11人いた(笑)自分もその一人なんだけどね~!
周りを見ても、お話聞いても釣れている感はない・・・

暗くなったら出るんだろうけど、明るいうちに川を後にした。
帰り道あきらかすれ違う車にフライマンらしき人もいたんで、やっぱりこれからの時間がいいのかな・・・


スポンサーサイト

東の本流で真っ赤な頬のレインボー

the hokkaido east@fly
07 /10 2015
2015/07/08

ナスビを上手に育てらないシュガーです・・・

ずっと仕事がたてこんでいて、釣りに行きたい病が再発したので、エンゴサクさんとともに8日に休み、東の本流に行ってみた。昔は良く通った川ですが、近年足が遠のいていた。しかし、ロケーションとサカナの素晴らしさに惹かれ連れていっていただいた。

着いた時には、先行者の姿が3名・・・。さすが人気河川・・・
前の方を、見ながらゆっくり、くだると「ゴン」と来て「派手なジャンプ」をかましてくれたのは35㎝ぐらいのレインボー!!
よしよし!たぶん釣り方は間違っていないだろうと思いながらの本命ポイントを流す。
「ドン」と来てから激しい飛沫とヘッドシェイク!
先行者付近まで走られてご迷惑をかけて捕れたサカナは、超体高の超ここらしいレインボー!ゴーマルに少し届かずでしたが、早くて強い動きにしびれました~!
tokachinizi_convert_20150710232524.jpeg
あまりに綺麗だったんでiphoneで撮った。
実は、デジカメで数枚写したが、早くリリースと焦っているのか、画面が光って見えないのか、頭が切れてたり尾びれが切れたり・・・(笑)
みなさん上手に写していると改めて感心しています・・・

ヒゲナガが飛び交う、その後も相変わらず釣れる!
tokachiaka_convert_20150710233035.jpg
頬から口にかけて真っ赤なレインボーしばし見とれる。
あ~!楽しい!休んでよかった~!

結果、40オーバー4本を含む10本以上のグッドコンディションレインボーに遊んでもらった!
本当に、釣りしたい病も完治したうえ、往復の運転をしていただいたエンゴサクさんに感謝である。



道東の川

the hokkaido east@fly
11 /08 2009
2009/11/07

こんばんは、シュガー・・です。

こんな天気は、二度とないので無理やり誘われまた600kmの旅にでかけました。
前回のライズ天国アゲインを希望しているSさんと口癖の「最後の遠征」です。

いつもは、いつものポイントを順番にやって行く暗黙のルールがあるんですが、なぜかSさんはドライを結び戦闘体制にはいっています。
やたら気温が高かったけど、まだニンフでしょうとゆっくりやりたかったのですが、数ヶ所飛ばして本命ポイントに向かいました。

しーん・・・・。
見事に、しーん・・と静まりかえっている。

結構やってはみたが、いっこうにライズの気配もないため「俺がライズを起こす!」と全国の虫たちの代表選手みたいなことを言っているSさんと別れ一人移動しました。

2投目、流れきってスイングした途端、「ゴン」
「グングン」「グングン」「プツ」?
結び目から切れている。前回同様またです。本当に下手くそというか注意不足というか。

まあ、まだいるでしょうと粘ったら「きました」

nizimasu_convert_20091108000414.jpg
絶対50アップと思いましたが、わずかに足りませんでした。
頬の綺麗さに感動して、流れに戻しました^^
戻ってきたSさんは、やはり虫と一体化できずライズを起こすことはできなかったようでした。

yuubetu+sita_convert_20091108001227.jpg
下流に移動です。
水量も多かったけど、釣り人も多くノーヒットでした。
聞くところによると本日このあたりで71cmのアメマスを釣った人がいたそうです。

たぶん本当に。この川は今年最後になると思いますが、たくさんの魚に出会えたことと新しいポイントの発見が大収穫でした。


道東の川(画像なし)

the hokkaido east@fly
11 /04 2009
2009/10/23

こんばんは、シュガー・・です。

先日メインPCがぶっ飛んで、今日ハードディスクを交換しシステム復元しました。なので久しぶりの更新です。
今年これで遠出は最後だからと、かみさんに言い訳し来てしまいました。大好きな川に。

すっかり気温も下がってあたり一面紅葉でしたが、なんとかいつものポイントへ。

ん、釣れない。あたりもない。
まあ一回下って、帰りにもう一度やってみようと思い次のポイントへ。

釣れました。30cmぐらいのニジマスが。ほっと胸をなでおろし先日でかいのをバラシたとこにニンフを流す。
おっ!とラインがちょっと変だぞっと、軽くあわせると「ギューン」っていきなり上流に15mぐらい突っ走られた瞬間「軽っ・・・」はいはいお約束ですねと同行者に笑われ。

ひとりでしばらく粘っていたんですが反応なし。もういいだろと促され次のポイントへ歩きます。

川に下りると、ライズ天国となっています。相変わらず、でかいのは対岸ギリギリで「モワーン」とやっています。胸までつかっても下手で届きません。届くところは25~35cmクラスばかり。

そんな時電話が・・・「こんな時に!どんな痴れ者だ!」

長電話をしていると同行者がなにやら騒いでる。届いたら一発だーだって。
あー50あるよと思い近づいて行きます。

「ネットいれるよー」とあげたら幅がハンパではない53cmでした。
久しぶり凄いのを見せてもらいました。

その後もライズは続きましたが大きいのはでませんでした。
でもこの時期のドライで釣れてくれたニジマスに感謝して帰路につきました。

ちなみに本日電話があり7日の土曜日に行くよとの誘いが・・・「最後だって言ったのに」「腕痛いのに」「寒いのに」と言い訳しましたが聞いてくれませんでした。

画像はPC破壊でありません。同行者の綺麗なニジマスは機会があればアップしまーす。




道東の川

the hokkaido east@fly
10 /15 2009
2009/10/15

こんばんは、シュガー・・です。
突然・・・本当に突然我が家に「新型インフルエンザ」がやってきた。
10月中旬に会社に監査なるものが入ることになっており、連休も仕事に追われ(合間を縫って調査に行ったが、濁流で断念)ていたので終わったら15、16、17日と休みを取って道東釣り三昧の計画を練っていた。そこに娘からメール。「新型でしたー」。「おおっ!やったな流行に乗り遅れなくておめー」
などふざけていた。しかし、これでいわゆる「濃厚接触者」の称号も自動的に与えられることになった。
さすがに、一緒に行く予定のSさんに悪い。あの密室空間を3日間ともにすると思うとさすがにお断りしてしまった。
でも「濃厚接触者」は会社には来ちゃダメだし・・・
そんな感じで朝起きたら、やたら天気いい。しかも、なんとなく体調の変化もなし。15分で用意し明日の看病はオレがやると言い残し往復600kmの日帰りを強行した。

yuubetu_convert_20091015212427.jpg
もうすっかり紅葉です。最初に、絶対魚がいるポイントに直行した。なにしろ時間がないのだ。
あれ、釣れない。相当ニンフを流してもいっこうに反応なし。
仕方ないので移動。ここより上のポイントへ。ここも絶対ポイント2だ。
3投目、うまくドリフトされ沈み具合もいいだろうと思って流しきった瞬間。
「グン」きたっ!うわ、頭振ってる。で、でかい。         ぷつ・・・・・
え、切れた。なんで?フライの結び目から切れている。大馬鹿三太郎でした。
その後、何ヶ所か流しても魚からの「濃厚接触」なし。

yuubetu+nizi_convert_20091015213537.jpg
最初のポイントに戻ると35ぐらいの綺麗で幅広なニジマスが濃厚接触してくれました。うれしー。
その後もう一匹同サイズが釣れて終了しました。

札幌に帰る途中の話。走ってしばらくすると突然睡魔に襲われた。誰かにラリホーかけられたかと思うぐらい眠くなった。そうなったらみなさんどうしてるのかな。どうしようもなくなる前の今回の傾向と対策を。
まずタバコ。これは眠気覚まし初心者レベルで誰もが(喫煙者限定)やる。そしてあまり効果がないことも知っている。次に飲み物ガブ飲み。極限まで来たらコーヒーだろうが、お茶だろうがボクには全く意味がない。次に窓全開。今時期寒いのと、高速道路なら灰は舞うし、コンビニ袋はバサバサいってむしろあぶない。そして密室空間を最大限利用した音楽フルボリューム。これも一瞬だけのレベル2。
合わせ技として音楽に合わせた熱唱。ちなみに今回はサザンがボクの犠牲になった。これは夜間限定とし街中では当然対向車に気づかれ嘲笑されることだろう。フリスクも効果がないことをボクは知っている。そこで何を思ったか、フリスクの唾液ちょっとをまぶたに塗ったこともある。もはや変態である。
似た対策に、ギャッツビーで顔を拭くのもある。後は、惰性的運転からの睡魔が一般的なので、ちょっとスピードを上げ、緊張感を持たせるために時には前の車を追い抜いてみる。これでよくやるのが、とりあえず君の車についていこう作戦。何も知らずにボクにターゲットロックオンされた運転手には甚だ迷惑な話である。しかし、これはハイリスクハイリターンの代表でもある。決めた瞬間パーキングに入られたり、お約束通りいきなり出口直行。たまたまスピード狂のものにでも当たったら大変である。こちらが一生起きない睡眠に入ることになる。

とまあ、こんな感じで走る訳だがやっぱり札幌の夜景が見えたらテンションあがっちゃうかなぁ。
一番の対策は眠くなったら「すぐ寝る」「すぐ休む」これが定石だし誰でもやってることなんですよね。
みなさん安全運転をー^^

シュガー

アイにティペットが通らない・・
タイイングでフックが見えない・・・
老眼が進行中のFly Anglerです。

だいたい釣れません・・・