イカが食べたい

other fishing
11 /23 2009
2009/11/23

おはようございます、シュガー・・です♪

突然「イカ」が食べたくなった。
なにやら新聞とかHPとかで、いわゆるエギでなんと今時期「イカ」が釣れていることを知った。
余市がいいらしいが絶対釣れないだろうと近い小樽にした。なんせお手軽フィッシングのうえ新鮮なイカが食べれるんだから最高である。ちなみに、ボクは年に数回、夕方異常に何か釣りしたい症候群になった時やお付き合いやら娘を連れて20分かからない石狩新港でハゼ、カレイのから揚げ、究極はワカサギのから揚げなど食べたくなってFF以外の遊び釣りもいたします。内水面ではリリースいたしますが、海のお魚は食卓に少しだけ登場させていただくため持ってきます。

そんなこんなで15時ぐらいに「かわら町岸壁」に到着。「えっ!」ビッシリ車が連なっている。
そんなに釣れているの?散歩がてら見るとダメダメモードっぽい。
どっちにしても入るところがないので、第3埠頭に移動。家族連れがチカ釣りなんぞ楽しんでいる。
ボクはというと、投げて巻くの繰り返し。いわゆる筋肉増強運動である・・・・

16時ぐらいに元に移動。あっ一ヶ所開いてる^^とはいっても隣同士近ーーーっ。
釣果を聞くも全然である。まあ、さらにムキムキマンになるべく筋トレするかとキャスト。

2投目ぐらいに、「グングン」「おっ?来たか?」巻いてくると豆イカがエギに付いている。
「おおお、これで今日はイカ刺だぜ」と心で浮かれていた。
その後、3投目ぐらいで「グン」乗ったか?「バシャバシャ」「ピュー」など音をたてまた釣れた。いや釣れてしまった。
完全に「神が降臨してきている」
なにやら視線が・・・。隣の釣り人が「どうやって釣っているのですか?」とご質問タイム。
まさか勝手に付いてきているとも言えず、「カウントダウン回数」「ストップ&ゴー」「巻き取りスピード」などをとても謙虚にご説明した。(なぜなら勝手に付いてきたからだ)

立て続けにもう1パイ釣れたがなんせ寒い。

5投して車に戻るという異常行動を繰り返した。海釣りを舐めていたわけではないがとにかく寒さに負け退散した。

ika_convert_20091123122144.jpg
豆イカ3ハイです。
お刺身にしていただきます。ありがとうございました♪

さあ、これから冬囲い・・・。我が家の庭はボクのコンセプトで「森」である。森計画のために年々樹木が増殖されているためとてもこの時期はつらい・・・。かみさんのバラは殺傷能力も高いし絶対イヤな作業である。
朝起きると、電動ドライバーが充電してあってかみさんの無言の「塀をはずして」のプレッシャー
を感じイヤイヤ重い腰を上げているとこである。(釣りいく時と同じ腰とは思えないw)


スポンサーサイト

近郊の川(ドライに出る川の調査編)

the hokkaido center@fly
11 /21 2009
2009/11/21

こんばんは、シュガー・・です♪

この時期にもかかわらずドライフライに、たまたまでもいいのでアタックしてくれる「鮎原こずえ」みたいな魚を探しに近郊小河川の調査に行ってまいりました。
この時期に夏タイヤという釣り人のかざかみにも置けないという自分の車のタイヤ交換を本日完了し
気温が上がったであろう錯覚に陥りながらの午後からの出発です。

subetu_convert_20091121203617.jpg
とりあえず、わずかに1台通れる道を進み到着。上流より若干深いところがある下流に向かいました。

subetu2_convert_20091121204216.jpg
ここは、いつも魚がいるところです。
ドライをしつこく流すけど「しーん」ならばニンフだと!当然「しーん」

subetu3_convert_20091121204558.jpg
下流です。本日ドライ7割ニンフ3割でのぞみましたが、なーんも釣れませんでした。

subetu4_convert_20091121205151.jpg
とぼとぼ帰路につきました。でも、この時期の渓流は初めてで清冽な流れと雪景色は素晴らしく
なんか晴れ晴れした気分でございました。     帰り道にあんなことさえなければ・・・・

帰り道の余談・・・
川の入り口の橋で参考にと写真をとり、さあ戻ろうと思い軽快にスタート。
「そうだそうだ、コンビニで買った粗びきフランクでも食べよう」いつもは普通サイズを買うのだが売り切れでジャンボポークフランクなどに年も考えず手を出してしまった。割と咀嚼をしないボクはあっという間にそいつを食べつくした。そして缶コーヒーをグイ。

5分後に奴はやってきた。「ズキン」腹痛のシグナルである。
これは、やばいぞ。コンビニはまだ先である。もつのかオレ・・・
さらに悪化をまねくことも当然考えたが気を紛らすためタバコも吸ってみる。「イタタタ」
効果ゼロである。
すると、突然拷問タイムは終了し平時に戻った。
でもボクは知っている。これは次に来るビッグウェーブの前兆なことを・・・
「ズキン」「ドッキン」ほらね。前にも増して痛い。まるで渚のハイカラ人魚である。
キュートなヒップにズッキンドッキンならいい。締めてるヒップにズッキンドッキン状態だ。

そんな潮の満ち干きのように繰り返し痛みに襲われていたとこに本日最大のビッグウエーブが来た。
ちょっとだけスピードを上げまだ先のコンビニを目指す。「腹いてー!」
そこにあるのはわかってるがオービス登場。「ノーーーーッ」減速を余儀なくされる。
「ここで捕まっても緊急避難適用されるかな」と訳のわかんないことを考え、さらに車中の温度も暑いのか寒いのかわかんなくなってきた。
とりあえず安全運転でコンビニだ。
そして長い直線で、わき道から車。「ちょ!」「来るの?」「ノーーーッ」「マジか、入られちゃったよ」
てか、なぜ30km!「おじさーーーん」

幸い曲がってくれた。あと15分ぐらいか。なぜこんなにも長く感じる・・・・
そんな中、ビッグウェーブも収まりを・・・。もしやこのまま行くか?
来ました。安らぎは一瞬でした。今度のはウエーブではない。ディープインパクトである。
放屁などしたら一発アウト級の奴です。
コンビニはそこだ。「あー人入ってたら終わるなオレ」とか独り言を言っていると右に、ツルハの看板。
速攻でお手洗い突撃である。
「はーっ幸せ。生きてるっていいなぁ」
「人としてなんか買ってあげよう」と好きな銘柄でもないタバコと飲み物を調達し安心感たっぷり鼻歌たっぷりで家に戻りました。

これはフィクションではありません。皆様も暴飲暴食には気をつけましょうね^^





道東の川

the hokkaido east@fly
11 /08 2009
2009/11/07

こんばんは、シュガー・・です。

こんな天気は、二度とないので無理やり誘われまた600kmの旅にでかけました。
前回のライズ天国アゲインを希望しているSさんと口癖の「最後の遠征」です。

いつもは、いつものポイントを順番にやって行く暗黙のルールがあるんですが、なぜかSさんはドライを結び戦闘体制にはいっています。
やたら気温が高かったけど、まだニンフでしょうとゆっくりやりたかったのですが、数ヶ所飛ばして本命ポイントに向かいました。

しーん・・・・。
見事に、しーん・・と静まりかえっている。

結構やってはみたが、いっこうにライズの気配もないため「俺がライズを起こす!」と全国の虫たちの代表選手みたいなことを言っているSさんと別れ一人移動しました。

2投目、流れきってスイングした途端、「ゴン」
「グングン」「グングン」「プツ」?
結び目から切れている。前回同様またです。本当に下手くそというか注意不足というか。

まあ、まだいるでしょうと粘ったら「きました」

nizimasu_convert_20091108000414.jpg
絶対50アップと思いましたが、わずかに足りませんでした。
頬の綺麗さに感動して、流れに戻しました^^
戻ってきたSさんは、やはり虫と一体化できずライズを起こすことはできなかったようでした。

yuubetu+sita_convert_20091108001227.jpg
下流に移動です。
水量も多かったけど、釣り人も多くノーヒットでした。
聞くところによると本日このあたりで71cmのアメマスを釣った人がいたそうです。

たぶん本当に。この川は今年最後になると思いますが、たくさんの魚に出会えたことと新しいポイントの発見が大収穫でした。


道東の川(画像なし)

the hokkaido east@fly
11 /04 2009
2009/10/23

こんばんは、シュガー・・です。

先日メインPCがぶっ飛んで、今日ハードディスクを交換しシステム復元しました。なので久しぶりの更新です。
今年これで遠出は最後だからと、かみさんに言い訳し来てしまいました。大好きな川に。

すっかり気温も下がってあたり一面紅葉でしたが、なんとかいつものポイントへ。

ん、釣れない。あたりもない。
まあ一回下って、帰りにもう一度やってみようと思い次のポイントへ。

釣れました。30cmぐらいのニジマスが。ほっと胸をなでおろし先日でかいのをバラシたとこにニンフを流す。
おっ!とラインがちょっと変だぞっと、軽くあわせると「ギューン」っていきなり上流に15mぐらい突っ走られた瞬間「軽っ・・・」はいはいお約束ですねと同行者に笑われ。

ひとりでしばらく粘っていたんですが反応なし。もういいだろと促され次のポイントへ歩きます。

川に下りると、ライズ天国となっています。相変わらず、でかいのは対岸ギリギリで「モワーン」とやっています。胸までつかっても下手で届きません。届くところは25~35cmクラスばかり。

そんな時電話が・・・「こんな時に!どんな痴れ者だ!」

長電話をしていると同行者がなにやら騒いでる。届いたら一発だーだって。
あー50あるよと思い近づいて行きます。

「ネットいれるよー」とあげたら幅がハンパではない53cmでした。
久しぶり凄いのを見せてもらいました。

その後もライズは続きましたが大きいのはでませんでした。
でもこの時期のドライで釣れてくれたニジマスに感謝して帰路につきました。

ちなみに本日電話があり7日の土曜日に行くよとの誘いが・・・「最後だって言ったのに」「腕痛いのに」「寒いのに」と言い訳しましたが聞いてくれませんでした。

画像はPC破壊でありません。同行者の綺麗なニジマスは機会があればアップしまーす。




シュガー

アイにティペットが通らない・・
タイイングでフックが見えない・・・
老眼が進行中のFly Anglerです。

だいたい釣れません・・・