尻別川

2010/6/20

こんばんは、シュガー・・です。

昨日のストレスがあったせいか、突然尻別行きを決めてしまった。
水量も落ち着きを取り戻しているらしい。なんとか遊んでもらえることを期待して道具を車につめこんだ。

siribetu_convert_20100621232226.jpg
ルアーの方がお二人いらっしゃる。ここで振るみたいなので許可をいただき上流へ行かせてもらった。

siribetu2_convert_20100621232334.jpg
程よく曇って、程よく暑い。水も透明さを取り戻している。昨晩の残組かフライングぎみなのかヒゲナガがぽつら。

nizi2_convert_20100621232845.jpg
30あるかないかのニジマスが出てくれた。本流ニジマスとはいえるサイズではないがなんとも嬉しいものである。

yamame_convert_20100621233209.jpg
20ぐらいのヤマメ。

siribetu3_convert_20100621232439.jpg
魚が付いているらしく、このあたりでニジマス30前後が3匹。20前後のヤマメが3匹といつになく釣れる^^
途中、バラシたのはなかなかの型でしたぁ。

siribetuhasi_convert_20100621232602.jpg
ちょっと移動。うーん、やっぱいい川だなぁ。

iwana_convert_20100621233052.jpg
小ぶりだがイワナも出てくれた。傷が痛々しい・・

nizi3_convert_20100621232947.jpg
この日一番小さいニジマスだったが一番綺麗だった。

siribetusaigo_convert_20100621232705.jpg
大きいヤマメが出てくれたが寸前痛恨のバラシ。写真だけとらせて欲しかったぁ。

いつも人気のある尻別川。釣れなくてもほっとする尻別川。釣れたらやっぱ大好き尻別川。いろんな方の尽力で魚達がたくましく生きています。いつまでも名流であってほしいです。
ニセコ90.89


スポンサーサイト

超近郊の川

2010/6/19

こんばんは、シュガー・・です。

先週、仲間にゴルフに誘われて札幌近郊へと向かった。とある川の橋を渡るとき(どんな川であろうとボクは絶対川を見る。ちなみにただの陸橋だったことも何度かあり寂しい思いをしたことは誰にもバレてない。)車の後部座席でチェックしていたらでかいライズが・・

その魚の正体を突き止めるべく調査に行ってみた。

kinkou_convert_20100621223923.jpg
駐車できる場所を見つけ川へ急いだ。
「バシャ」やってるやってる。
「バシャバシャ」対岸では背びれを見せてやってる。

普通にアダムスパラシュートをキャスト。「シーン」
「バッシャン」おっ30はあるじゃん。ならばエルクヘア。「シーン」
「バシャ」フライの横で・・・
ちょっと焦ってきた。名前も知らない小さなトビゲラはわずかだが飛んでいる。あたりに小さい蚊かハエみたいのもいる。ガガンボっぽいのもいるか。たまーに白っぽいカゲロウがほんのわずかいる。

その後、CDCカディス、ガガンボ、CDCダン、ソラックス、アント、20まで落としても反応なし。とにかくフライにライズしないのだ。
「水面下」?イマージャー、ヘアーズイアー、BH、フェザントテイル、メイフライ、ピューパ、ソフトハックル、ウーリー、リーチ、ユスリカなどなど。
何を投げても反応なし。
だまーって川を見つめていても何も流れてこないし訳わかんない。

パッチにコレクションかと思われるほどフライが貯まってしまった。「帰ろ・・」
正体も突き止められず玉砕であった。帰り際「バシャ」・・・
うん「あれはきっとフナかコイかドジョウかウグイだろう」

オホーツクに注ぐ本流

2010/6/13~14

こんにちは、シュガー・・です♪

今年も突然、会社に行ってはいけない1週間がやってきた。それがこんなグッドな6月。それもこんな天気が最高。
会社のみんなに申し訳ないが、大好きなオホーツク海の本流に2日間行ってきた。

一緒に行っていただいたのはSさんと昨年からフライを振りはじめたHさんとKさんである。
特に昨年組は小渓流専門だったため、本流のパワフルな流れと水圧には相当ビビっている様子・・。実際、情報では透明度は高いが水量は多い。「まあ流されても20mぐらいw」と楽観的な発言のSさん。「10mぐらいで犬神家状態になるよーw」と調子にのるボク。まあシャレにならないので工事現場の標語どおり安全第一でいきましょう^^

とんでもなく天気が良く、めちゃくちゃ気温があがっていくなか大好きなポイントに到着。沈める釣りをやったことのないお二人に軽く説明。「少し見ていますから実際やってみせて下さい」の懇願の声。
そこまでお願いされたら仕方ない。でかいレインボーを見せましょうとハリキリボーイと化すボク。10投目ぐらいだったろうか、ラインが大げさに逆走した。「来たよー」^^

水量の多さと、圧倒される流れの重さの相乗効果でやたら引きまくる。潜航型なのか派手なジャンプはしない。ようやくあがってきたのは40upの綺麗なニジマス。

nizi_convert_20100615123649.jpg
相変わらずの幅広ニジマス。
「おーっ」の一同やる気の声。ポイントを譲りスーパーサブ?としてベンチに戻る。
しばし傍観していると、お二人はやはりパワフルな本流に相当てこずっている様子である。「あと1m前だよー」「あと2m下流にー」と岡田監督ばりに大きな声で伝えるが、いかんせん牛歩戦術を駆使する二人・・・。当たりもないようなので少し移動。やはり水が多いが実績ポイントなので粘っていただくことにする。先に随分流してもらったがなかなか釣れないようです。「ここはこんな感じでと」流すと「あっ、ゴメン釣れちゃいました」30ちょいだが、ザバザバ走ってニジマスを見に来てくれる。(申し訳ない)ようやくHさんに「グングン」「おーっ」「スポッ」ばれてしまったようである。それでも感触がうれしいらしく感激してくれている。「これは釣らせてあげなければ!」
ということでイブニングを少しやることに。

「ここは絶対いるから!」の声に、ある者は岩に。ある者は木に変身して延々キャスティングマシーンのごとく振っている。そうこうしていると沈黙を破り、Sさんにヒット。こっちに誘導してもらいランディング。おや?サクラである。35ぐらいあったが早々にお帰りいただく。
後で聞いたが、Hさんはサクラをやはり見たかったらしく焦りまくりティペットを川に落とし悪徳大名ばりに帯ならぬラインを引っ張りまくったが健闘むなしくはるか下流に流れたそうだ。(なんと微笑ましい)

そんな中、Hさんの流れきったニンフに「ガバーッ」!でかい口を開けてバイト。当然呆然としている。かかっていないようなので絶対くるからと再チャレンジをうながす。すると「ドン!」「グーン」「プツッ」残念である。
ラストチャンスで移動。Kさんが小さいヤマメを釣って1日目は終了した。
遠軽のホテルを8時に出発。本日も素晴らしい天気。いかにも空気が夏色をしているのが感じられる。

naka1_convert_20100615202956.jpg
新緑まぶしいパワフル本流。

naka_convert_20100615203509.jpg
ここでは、皆様めでたく30前後だがニジマスをゲットできました。とりわけHさんは、リールが逆転する体験が初めてでまたもや感激していた。(たいへん微笑ましい)

nizi35_convert_20100615204057.jpg
35cmぐらいのニジマス。このニジ君はとりわけ元気がよく、3回も激しい跳躍を見せてくれた。その際のHさん「もう私も釣ったからわざわざ抜きあげて魚を見せてくれなくていいですよ」・・彼はジャンプをボクが操作しているものと真面目に思っていたらしい。(実に微笑ましい)

ue_convert_20100615204851.jpg
2日間最後の場所。

scott_convert_20100615205119.jpg
50オーバーを期待しての6番。今回は出ませんでしたが、たくさんのニジマス達に遊んでいただき大変いやされた。もう少しでもっとよくなりそうな本流を後にした。










プロフィール

シュガー

Author:シュガー
アイにティペットが通らない・・
タイイングでフックが見えない・・・
老眼が進行中のFly Anglerです。

だいたい釣れません・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード