札幌市民の川

the hokkaido center@fly
08 /30 2014
2014/08/30

夏カゼをひいたうえに、接触した人に次々うつしてしまった罪深きシュガーです・・・

先週、以前から計画していた「男キャン」に行ってきた。
ちなみに「山ガール」のように全国的に公認をもらっているようなもんじゃあなく、男子それも限りなくおっさんの
キャンプを、ボクらは「男キャン」と呼んでいる。うっかり若い女子の前で使うと女性誌キャンキャンとのことを間違って覚えてるなコイツと思われるので取り扱いには注意したほうがいいだろう・・・
ちなみに行った場所は、ドロームだったが、ひとりで釣りに行く!とかいいだしたら非難ごうごうなんでやめときましたw

で、今日は天気もいいし近場の札幌市民の川に行ってみた。
出発は、11:00と遅めだが何ヶ所か遊ぶつもりなんでヨシとしよう。

今日は、久しぶりにシングルロッドです。
G884とG904を迷ったが、ちょっとでも長いほうがいいかなと904でやってみる。

さて、いつもの橋に到着。水が異常に少ないなぁ。
上流に2名ほどフライマンが・・・・
下流にはいない。ヨシヨシと下を目指す!

DSCF0977.jpg
川原に降りると、ん?人がいる・・・・
餌師さんだ・・・
これならやれる範囲は、明らかに魚がいないポイント30mだけなんで、餌師さんのとこまで行ってお話目的で近づくことにした。
餌師さんは、絶対いるとこで粘ってるんで、接近が早かった。
さて、あいさつと思ったら、スーッと下流へ。
まあ、間隔をとってやることにしよう。もしかしたら何か釣れるかもね気分でw

相当ゆっくりやって行ったが、途中で餌師さんはやめたようだ。
今日は、相当叩かれてんですかね。ボクも1回コツときただけで、ここまでなんも釣れず・・・

DSCF0978.jpg
下流には、別の餌師さんとフライマンが3人ぐらい見えるから、ここまでだなと思い、好きなポイントまで戻ることに。

すると、待望のニジマスが・・・!15cmぐらいのかわいいサイズ。
まずは、釣れてよかったっす!
その後のキャストでなんかが触った感じがした。
やりなおすと、グイン!! 合わせると、頭ブンブンである。おっ、でかいかも!
派手なジャンプはなく、潜行型のようです。ラインも出されたが無事キャッチ!

toyo40_convert_20140830185653.jpg
40cmジャストのメチャクチャ綺麗なニジマスです。この川で、40オーバーは何十年ぶりだろう・・・
何年か前にでかいのを掛けているんで、多分大きいのはいるんでしょうが、この状況でこれが釣れたのは嬉しいなぁ。

その後も何尾か追加してやめることにした。
暗くなれば出るのはわかってますが、近頃、熊の目撃があるんで15:30に終了w

元の橋に戻ると、さらに二人のフライマンが!
こりゃあちょっとしたラッシュですね(笑)まあ、叩かれっぱなしと大人気のこの川ですが、たま~にこんなことがあるから通ってしまうんだろうねぇ




スポンサーサイト

道北2河川 ~碧色と濁色~

the hokkaido north@fly
08 /17 2014
2014/08/17

そろそろ、学生さんの夏休みも終わり、JRが混雑するのをビクビクしているシュガーです・・・

世間一般では、お盆休みと言われる期間ですが暦どおりのボクは、日曜日の今日にようやく釣りに行けた。
今日は、肘サポーターも用意して準備万端^^

いつもの道北にある石狩川支流へ行こうと思ったが、大雨の影響があるらしく保険をかけることにした。
よって、普段は275か高速だが今回は桂沢湖経由です♪

ガソリン代をやたら気にする、かみさんに「豊平川にして」と懇願(笑)されたが「ハイハイ」と軽くいなし寝ている間に出発。
前回は、玉砕した川だが入ったところにサカナがいなかったとポジティヴに考え今回は場所を変えてみる。
今回釣れなかったら、もう行かないもんね!と背水の陣ですw

aokawa.jpg
相変わらずの碧色。観光客が殺到するのも、うなずける・・・
前回よりも水はクリアだ。

入ってすぐの長い瀬で、マドラー風のウェットを結んだラインが引き込まれた。
35ぐらいのたぶんニジマス。ばれちゃったからわかんないけどw
とりあえずの生体反応の確認はできた。

その後、若干上がったが反応なく戻ろうと思ったら、お得意の黒いニンフをヤマメが見つけてくれた。

yamame1.jpg
25ぐらいか・・・。同じところから30ぐらいのイワナもw

とりあえずの生命確認作業を終了し本命河川へ移動。

nigori1.jpg
おーっ見事に濁っていますね(笑)
まあ、まっ茶々ではないので釣りにはなるでしょう。
透明度30cmもないけど、こういう時はこのフライと、この流し方でと言い聞かせ開始。

とりあえず選んだ場所で粘ることにしよう。この水の色だったらボクの腕ならポイントは2ヶ所ぐらいしか思い浮かばないんでw

50cm刻みぐらいで全部を流す(つもり)!で、ようやく・・・

nigorinizi1.jpg
小さいけどメチャクチャうれしい1尾。うれしすぎてギュッってしちゃいすぎましたw

その後、30弱が釣れてストマックを・・・。なんか藻みたいのしかでてこないし。
もう1匹釣れてから、ラインがいきなり引き込まれた!

で、でかい!てか、なんも見えないから感覚的にそう感じるのかも(笑)

nigori48.jpg
ようやく取り込むと完璧なボディをしたニジマス!47,8といったとこか・・・
この状況で、よくあんな小さいもん見つけてくれたよ。感謝ですねぇ。

nigori2.jpg
相変わらずの色ですw
しかし、普段からストーキングに無頓着なボクとしてはいいかも♪

やり方は間違っていないと思い込み(思い込みは大事だよね~)続けていると・・
リーダーがグッと止まり、合わせるとザザーとラインが走る。

nigori43.jpg
写真ではわからないが、超幅広の綺麗なニジマスが!ネットサイズから42ぐらいですかね。

その後、魚っ気がなくなり移動。
いつもの日曜日なら間違いなく10台以上は車を見かけるが見事にいない♪
貸切ですね(笑)

nigori3.jpg
同じ川なんだから当たり前だが、ここもこんな感じ(笑)
ここでは・・・

nigori30.jpg
最大25ぐらい。でも相当うれしいですねぇ。

この状況なら、もうやれる場所がないので最初の川に戻ってバレちゃったのでも取って帰ろうかなと思い移動。
朝と同じ場所に車を止めて、同じところを流すも無反応・・・
少し上がっても、なーんにも釣れない・・・
何ヶ所か移動しながら帰っちゃおうかなぁと考えていたら、少し上流になんとなく良さげな場所が・・・
下から順番に流して、いよいよ本命へ・・・

ドン!と衝撃的なアタリがあり、エメラルドグリーンのでかい物体が走る。
で、でかい!と、いうより、なんだあの色は!!
とにかく、真緑のでかい奴だ!なんとしてもバラシたくはない・・
ティペットは、シーガーのフロロ1.2号なんで信頼はある。これ以上下がられたら激流でおさらば間違いなし。
なんとか耐えて耐えてバット勝負に持ち込みなんとかゲット!

midori2-2_convert_20140817222232.jpg
とにかく背中が、鮮やかなグリーン!てか、何色と表現していいかわからない。なんとも言えない感動がある。
この碧色が育む色合いなのか・・・。とにかく見とれてしまった!サイズは55cmであったが取れたことが素直にうれしかった。
midori55.jpg
最大限の感謝を込めてリリースさせてもらった。

この川も、奥が深い。調査が必要かもしれないね。








Newフライの試し釣り

the hokkaido north@fly
08 /03 2014
2014/08/03

肘の診察で先生から、とにかく使わないこと!と言われたが、なかなか守れないシュガーです・・・

とにかく暑いし、水もかんばしくないとのこと。
せっかくNewフライを巻いたのだが、試す川をどこにするかと迷う。
せっかくだから、サカナ釣りたいですもんね^^

サイズはとやかく、はずれは無いだろうとボクにしては気合の夜出発(笑)
久しぶりに旭川の本流ぽい支流に行ってみる。
今日は、日曜だから激混みだろう・・・
ポイントごとのスポット釣りも仕方ないなぁ

まずは、微妙な言い回しだが最上流部。

DSCF0927.jpg
水は少なめだが、透明度はすこぶる良い^^
最初から、おNewフライにしようかと思ったが、まずは生命確認のため実績フライをw

ん、こない・・・。ウンでもスンでもない・・・・。
よしっ!新フライにチェンジ!
流すと、ゴン!のらないがバイトはある。
しつこく流すと、35ぐらいのニジマス!思いっきり頭ふってきたからでかいと勘違い(笑)
ホント、ここのサカナのパワーは凄いなぁ

その後も20台の小虹が数匹。その後、場所移動だが既に車が・・・
わずかの区間をやるも上にも下にも人(笑)

はい移動。
おっ!いっつも車あるところにないので早速。
相当叩かれているのか、いい流れからは小さいのばっか。30オーバーは、瀬のわずかなヨレとか、浅めのスポットで出る。

DSCF0930.jpg
ここでの30オーバーも頭振るし、でかい奴特有の重量感が手に伝わる。30ですけどね(笑)
かけた場所が場所だけにヤバイと思った自分が・・・・悲しい。

その後、好きな岩盤ポイントへ。
車もなくすんなり入り大場所へ急ぐ。
ボクが初めてだったのか、出るわ出るわ^^小さいのばっかが。
ここでも30ちょいまで・・・・

水が少ないため普段行けない下流までやれて調査と思えばいっか。
またまた移動したが車はない。ここも岩盤ポイントだが水深がありでかいのがいるとこ。らしい(笑)

DSCF0932.jpg
ここも、まあ出るわ出るわ。小虹が。まあ、ボクの腕では仕方ないでしょうねぇ。
ここでも30ちょいまでw
結局、数だけは50?60匹ぐらいかな(笑)サイズは、1番最初のが1番大きかった~w

その後、下流域を少しやったがダメだったが、マドラーをウエット風にしたもののver2も良い武器になるとわかった。
明らかにver1より簡単で反応もよかったので間違いなく主力になるであろう。
DAIICHIの1560の長さもピッタリで満足。
ウェイトをかましても釣れたから、今後レッドワイヤー入りもいいかもしれない。色もオレンジとか入れると華々しくなるかもねw
ホイットレーのウエットケースがこれと、ソフトハックルでびっしりになるかもです~

今度は、どこで試すかなぁって、肘をさすりながら思案中(笑)
















シュガー

アイにティペットが通らない・・
タイイングでフックが見えない・・・
老眼が進行中のFly Anglerです。

だいたい釣れません・・・