晴天の尻別川と熊目撃

@fly
06 /30 2016
s06291_convert_20160630224000.jpg
2016/0629
晩ご飯の後のお菓子がやめられないシュガーです・・・

先々週は濁流。先週は豪雨と消化不良だったので完全晴天を狙いすまし尻別川に行ってみた。
いつものように393を走り見えてくる羊蹄山。ほんの少し残雪がありますが堂々としています。
s06292_convert_20160630224544.jpg
近づくと麓にうっすらと霧?がかかり雲に浮かんでいるかのよう

もう完全に日も上がった4:30に到着し川の様子をうかがうと・・・・
うかがうと・・・「ニヤリ」←にやりと言ったわけではないが、傍から見ると顔もそうだし、くちばしったかもしれないw
今日は暑くなりそうなんで、さすがにベスト着用。
早速、自信の大場所から勝負!
勝負!あっさり完敗・・・
前にも増してサクラの全身ジャンプ多いし、水温からか居場所変わったふうです。

で、次のランの結構奥のスポットから
s06293_convert_20160630225943.jpg
泣き40のニジマスがきた!夏が近づきパワーもついて、まあ飛ぶ飛ぶw

その後さらに下で、同じニジマス?って思うくらいのサイズを追加。
次の流れがゆるくなっている場所でようやくサイズアップ!ギリ40か・・・
s06294_convert_20160630230607.jpg

気温もぐんぐん上がり、空は真っ青!完全に夏を予感させる1日です!
これまで、大きいのは出ていないなぁって思ってさしかかった瀬のど真ん中で、流れるべきラインがストップ!
ん?って合わせると、ザザザーーッてラインが上流に走り魚体が確認できた。ニジマスだ!
今度は思いっきり下った先のヘッドシェイクで外されました・・・・
まあまあのサイズだったけど仕方ないですね!

その後、強い流れの深瀬をまたいだ先にあるスポットで今日1番のサイズが出た。(といっても40ちょいですが・・・)
手前の緩い流れで出ず。瀬尻瀬頭で出ず。瀬の底石でも出ず。
最後の最後、奥の岸より投じた一発目で出た!
s06295_convert_20160630232930.jpg
大きいのは釣れなかったが、数も出て最高の天気で満足な1日!
まだまだ明るい17:00過ぎにやめたが、このころから釣り人を見かけた。毎日叩かれてるんでイブニングメインの方々も多いのかもです。
さて、満足感にひたりながら札幌を目指す。いつものように赤井川、毛無経由です。そこで、事件は起きた。
キロロを過ぎて、ホピの丘だっけ?アルパカとかいて炭焼きウインナーを過ぎてしばらくしたら・・・
走る車の50メーター前方の右から黒い塊が横切ってきた。
瞬時に理解!「熊だ!」(文章打ってるときに熊田に変換され、まさしじゃねーよと突っ込んでしまった)
すぐ後に、黒い小さい塊も一生懸命追いかけてきた!「小熊だ!」「しかもカワイイ」
親熊は一目散にガードレールを飛び越し草むらに消えていったが、小熊は飛び越す術を教わってないらしく、キョロキョロして不安そう(ボクにはそう見えたけど真偽は不明・・・)
で、そうかこの手があったかと思ったんだろう!ガードレールをくぐって同じ草むらに消えていった。
いやぁ、びっくりしました!
親子熊なんでちょっと危険でしょうね!余市川とか危険ぽいのでご注意願います。直線距離を地図で見たらいつも出るという塩谷の山に向かったのかもです。登山も危ないのかな。
どこにしろ、陸続きだし札幌にも出るくらいなんで、装備などもしっかりしなきゃなと思わされた体験でした。
みなさもご注意を~






スポンサーサイト

豪雨の尻別川

@fly
06 /25 2016
shiri0625_convert_20160625212229.jpg

2016/06/25
小樽マラソンを無事完走できたシュガーです・・・

前から今日出動すると決めていたのに天気予報が変わってしまった。
曇りでずっと耐えていたのに雨・・・
実は、全道的な大雨の翌日の6/18も来たけど見事なまでにまっ茶茶で引き返し。
帰り際、くやしまぎれのポイントでヤマメ・・・

そんなこともあり今週の土曜日、いわゆる今日は気合を入れていた。
前日の飲み会も1次会で帰り、4時に出発!が、ほとんど信用していない天気予報が見事に当たり赤井川ぐらいで雨・・・
だけど「水位も下がってたし活性もあがっていいかも♪」なんて能天気にw

若干の雨の中到着!どれどれ水は?
相当いいっす!やばいぐらいいいっす!
撥水機能が失われているG3を着込んで、川へ向かう。
(ちなみにテックウォッシュやらニクワックスやらは3年前に購入済だが洗濯していない・・・)
すっかりベスト嫌いになりほとんどこれを着込んでるから今年こそちゃんとしてあげようと思う。

最初のポイントでは25ぐらいのヤマメ!結構いいサイズですかね(笑)
次の場所では、複雑に流れが交錯しているが80㎝ぐらいのスポットを発見!ここ通せば間違いないでしょ!
ドン!水面が炸裂した!
結構な重量感を感じさせるも突進力がない。パワーをいなしつつ寄せたのは50を楽に上回るギンギラの禁鱒(笑)
採捕の意思はないよ!と言いながらも記念撮影はさせてもらった・・・。
UPなしw

そのあたりから、川が沸騰?原因はどしゃぶり・・・・・
かんべんしてくれと思いながらも、サカナが出るんでやめられない(笑)
で、今日の最大魚45ぐらいが釣れたけど・・・
もう、雨がひどくて写真もとりたくない。でもせっかくなんでとカメラを見ると、スイッチはいんないし・・・。
入ったけどボヤけてるし・・・。レンズに水はいってるし・・・。
ゆえに、最悪です。やっぱ防水持ってくればよかった・・・。あほです。

気を取り直して進みます。でも、このあたりから水の色があやしくなってきた。
もう底が見えなくなってきたので、黒っぽいフライに交換すると35ぐらいのが釣れた。よく見つけたねぇw

そして、最大のお気に入りに到着したころには・・・・
濁流となっていた・・・
マジ、バケツに畑の土入れて水入れて混ぜたらこんな色になるんでない?という色合い!
あきらめました・・・・

いや!あきらめない!どっかできるはずだ!と徘徊をスタート!
移動先のランで、40あるかないかクラスが2匹出たんで良しとした!!雨があがったタイミングだったんでアイフォンで撮影w
まあ、カメラ水難事件があったんで、今日は釣れなくてもいいしょっていうお告げだったのかもしれない。

あと1回・・・ベストな条件でやりたいもんです・・・





水柱を見た後に・・・

@fly
06 /12 2016
2016/06/11
小樽運河マラソンにエントリーしているが、釣りばっかりやって練習不足のシュガーです・・・

今日もいつもの本流に向かう。
昨日の夜中に行こうって決めたんで、慌ててフライを5本だけ巻いた。
この頃のお気に入りマテリアルは「コック・デ・レオン」のシルバースペックルド!
こいつのおかげで、パートリッジの出番が減った・・・
実際前回も今回も、これを使ったフライが活躍してくれた。

自信のフライを結び最初のランで当たりがあったが、すぐ外された。
次のランは、前回一番大きいニジマスがでたところ!1投目で思ったところから出てくれた。
ジャンプ一発で上手に針を外したニジマスに高い芸術点をあげたいw

その下で、ようやくニジマスの顔が見れた。結構走りまわったが35ぐらいと目指すサイズではない。
さらに下の瀬でも綺麗なニジマスが出るならココというところから!

気分をよくして、好きなポイント上下に到着。上では40弱が出たが・・・下はというと・・・
相当流しても反応がない。そんなはずないんだけどなぁと思いながら下に進む。
まあ、帰りにやれば出るだろうと判断w

今日はもう少し進もうと思い、着いたところでフライを小さめの極小ビーズをあしらったイマージャーを投入。
流れがあまりないところで、ゆっくりスイングするラインに若干の違和感。

「グワングワン」ととてつもない感じをした瞬間!
「ドッバーーン」
見たこともないぐらいのニジマスが水柱と化した・・・
うわ!やばいと思う間もなく手ごたえが無くなっていた。フライがなくなっていた・・・

いつぞやは、愕然として膝から崩れ落ちたこともあったが、逆にすがすがしく「あんなのいるんだ」とうれしく思った。
同じフライを何度も流すが、当然なんもなし。
このころからヒゲナガが目立つようになったので、十勝用に巻いたヒゲナガピューパを一応同じラインをトレースした。

一発で「グイグイ」と絞り込まれるような手ごたえが!
se6112_convert_20160611235809.jpg
ジャンプを一切しないパワー型!49と届かずだったが、素晴らしいニジマス!!

その後、さらに下の深みで・・・
いきなりのコンタクト!
「バシャーン」「バシャーン」「バシャーン」とデカイ身体をものともせず3連続ジャンプ!
と思うといきなり上流に走ってきてあわててラインを巻く。(これ結構あせりますw)
se6111_convert_20160612001406.jpg
これはギリギリ50ありましたw

さらに下に行き、40UPを3匹追加して川からあがった。
アクエリアスもなくなり倒れてもいやなんで、まずは、車に戻ることにしよう。
当然、充足感にひたりながら休憩w

短い休憩時間を終わりにしてサカナがとれなかった2つのランを再チャレンジ!
深瀬で、何回もラインを跳ね上げるメンディングをして一番強い筋を流し底石下で誘いを入れると・・・
「ドスン」

se6113_convert_20160612002751.jpg
48㎝
娘が帰ってくるんで、「タコヤキ」焼かなきゃなんないんでこれで終了!
戻って第一声で「釣り神降臨」したわ~って調子に乗っている発言をしてしまったw

ps:レオンの虜になりそうです・・・・&とてつもない水柱を再度見てみたい・・・





満足!尻別川のグッドサイズニジマス

@fly
06 /07 2016
se651_convert_20160606213543.jpg
2016/06/05
記憶をなくしコミックの最新刊を2巻買ってしまうシュガーです・・・

さて前回、とれなかったニジマス?の正体をつかみに尻別川に向かってみた。
今回は、ドライブでもいいやなんて悠長なことなんて言ってられません!気合の5時台出発です!
前日の降雨にハラハラしていたが思ったより上がっておらずまずは一安心で大好きなR393を目指す。
なぜ?好きなの?
まずは、393の倶知安手前あたりから見える羊蹄山は格別!見る角度で微妙に、その姿を変える羊蹄山!お好みもあるでしょうが、ボクは結構気に入っています。途中の毛無峠も若いときも好きだったが、とても安全運転していらっしゃるドライバーさんが多く・・・。なんていいますか・・・。こっちも結構急いでるときありまして・・・。いえ、別にあーだこーだ言うこともないんですが・・・。

とりわけ赤井川から白井川沿いのクトサンあたりまでの道が本当に心地いいw
適度に直線もあり、先のコーナーも見えるしRもきつくなくスピードが落ちないし!とにかく好きな峠なのである!
って、なんで道の説明っすかw

まあ、そんなところを通りながら目的地に到着。
やりたいところには3人ぐらいいたんで、まずは前回ドンってきたところから!
水は、前回より若干高いが大丈夫レベル!それよか少ーし濁りが入っているが・・・。まあなんとかなるでしょ。

早速、前回ドンのポイントを流す!
はい、お決まりパターンです・・・。結構流すもうんでもすんでもない!
結構流したもんだから4本根がかりでフライをなくす・・・・
まあ、底をとった勲章ですが・・・。なぜか悲しい・・・

で、どこいった?

あきらめて、その上のポイントを流すと、グン!おっ、そこにいたかー!
躍動感から40ぐらいか・・・
流れの本線まで走られて綺麗に針をはずしてお帰りに!
いかにもいそうなところから出たが、なんか付いてる場所が特定できないなぁと思いながら下流にすすむ。

深瀬のランのピンスポットを通すと・・・
se652_convert_20160606230700.jpg
40弱?が出ました!
すげぇ引いたんで、もう少しでかいと思わせる元気一杯のニジマスです!
(家で見たらラインかぶってるし・・・笑)

その後、同じランの後半で30前後を2匹追加。やはり浅いとこにはこのぐらいの奴が出てきてるんかなぁ・・・
今日は、藪をこいででも下に行くぞ!と誰に宣言するでもなく心で唱え歩みをすすめる!
se653_convert_20160606231833.jpg
こんなところで
(杉浦雄三氏がやっぱ瀬釣り最高だよね~!と騒ぎそうな場所w)
se654_convert_20160606232018.jpg
40ぐらいでも、流れのシナジーでハラハラw
(家で見たらストラップ写ってるし・・・笑)「みんな1回1回ちゃんと画像確認してるんだろうか・・・ふと考えてみた」

宣言したから下をそこそこやって、戻ることに!
やっぱり今日一番付いてると思われるところを流して、掛けた瞬間ジャンプ2発の30なかばを追加!
で、本筋からスイングして終点場所の沈み石のところで・・・・
ドッスン!からのドンドンドン!
やばい!でかい!(すみません・・・ボクにしてはです。はい)
足元超不安定で流れがキツイとこにウェーディングしているせいか、やばさが倍増w
こっちの都合をちょっとは考えてほしいのにバウアーのディスクをものともせず走り出す!

結構な疾走感と腕がしびれる重量感と、はずれないでほしい焦燥感が交錯して・・・
ようやくネットイン!
DSC00642_convert_20160606233532.jpg
グッドサイズ&グッドプロポーションで53cmありました~!

万緑の6月、ハルゼミの声が響きわたるなか素晴らしい1日となった!時にはそっぽも向くが、豊かな尻別川に感謝ですね!

PS:落ちたセミは全匹ライズされることもなく、流れていった・・・。(まだ早いか・・・・)
さらに帰り際、ヒゲナガがちらほらハッチしだしていた(次回はフライ変更もあるかな・・・)








シュガー

アイにティペットが通らない・・
タイイングでフックが見えない・・・
老眼が進行中のFly Anglerです。

だいたい釣れません・・・