迷う朝

2009/10/07

こんばんは、シュガー・・です。
コートを着るタイミングがわからない・・・。人の気も知らないで毎年毎年「秋」はやってくる。
我が家は札幌の外れにあるためか地獄の冬が何ヶ月も続く。そしてその登竜門である秋をまず経験しなければいけない。人口が少ないためか地理的なものか科学者ではないボクが判断するところによると中央区なんかよりはるかに気温が低いと思う。そしてなりより朝は特に寒い。
以前は自動車通勤だったのだが、今はJR通勤なので寒くなると必然的にコートを着なければいけない。
しかし、いつコートを着ていいのかいっこうにタイミングが掴めないのだ。駅までの道のりにも今のとこコートを着ている人はいない。駅の構内にもそれなりにサラリーマン風の方々はいるのだが今日も見かけなかった。かみさんは寒いから着たら?と優しく言ってくれるが「えーまだ誰も着てないよ」と着てない軍団を正当化し完全に長いものに巻かれるような発言をいまだにしている。
JRを待つ人々は「寒くなったね」とか「冷えるなぁ」とか完全にコートを着なければいけないような発言をしている。そしていつもの構内のいつもの場所に着くと、前から3番目だ。いつもの場所なのでいつものおじさんが存在していた。ちなみに、いつもの場所ってみんなどうやって決めたのだろう?降りたとき楽なのもそうだし、もしかして可愛い女の子がいる車両なのかもしれない。トイレが近いという理由の方もいるかもしれない。みんな通勤というワンパターンに何かしら楽しみを見出しているに違いない。
さておじさんだが、当然コートを着ていない。見るとなにやら白い息が出ている。「もしもし、寒くないですか?」「もしもし、コート着ないのですか?」と突然話しかけたくなる。
そうやって悩んでいるうちに、多分初コートマンを見る日も近いだろう。その方には、心から拍手喝采をささげ「よくやった、あなたはコートフロンティアの称号をもらうに値するだろう。」と密かにテレパシーを送るつもりだ。

さあ明日の朝も冷えるだろう。そしてコートを着ている人を探し続けたい。
ちなみに、本格的な冬を迎えるにあたり、コートからオーバーに変えるタイミングもイマイチ掴めていないのも悩みのひとつである・・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シュガー

Author:シュガー
アイにティペットが通らない・・
タイイングでフックが見えない・・・
老眼が進行中のFly Anglerです。

だいたい釣れません・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード