久しぶりの川

@fly
03 /25 2017
2017/03/25
ビヴリアの新刊が楽しみなシュガーです・・・

毎年恒例の年度末慰労会が3/24にあった。
今回は、朝里川温泉だったので当然土曜日には釣りに直行です!
朝ごはんをみんなで食べて9:30出発!スーツをトートにぶち込んで、ひとりアウトドアファッションで身を固め宿を後にする。
今年初の毛無を通り、いつもの本流へ!
道中は雪も解けて安心の走行!(トラウマあるんでこれが一番うれしい)

天気もいいし、混んでるんだろうなぁと思いながらとりあえず安心ポイントへ!
途中川に立ちこむ釣り人発見!
「あそこやる人いるんだぁ・・・。わかってる人だなぁ」とふむふむ感心しながらさらに進むと・・・
「あれ?誰もいない」着いたのが11時ぐらいだけど、こんなにいない?
きっと釣れてないんでしょうねぇ・・・きっと釣れないんでしょうねぇ・・・




まあ、ダメ元で準備をして川へ向かう。
シュー忘れたんで、腐ってきた雪に足をとられながら到着。
「天気もいいし、やっぱり川はいいねぇ」
今日は12.7fのクラシックスペイ!プラチナムより反発はないが、IM6らしい粘りがありバラシが少ないような気が・・
重いのが難点ですが・・・
さて、いきなりいるであろうところにキャスト!



見えないストラクチャーがあるのがわかっているが、サカナがついているところへ!
いきなり、ゴンゴン!
首ふりブンブン!
48㎝のアメマス!尾びれが欠損していたが春の日差しを浴びてギラギラしている!
なんだ!いるじゃん!と超安易&プラス思考で臨む。



正午を知らせる音楽が終わったあたりに強風がふき、川面が波立ってきた!
いいかも?
ドッスン!
グワングワン!ロクマルアップかな?
楽しませてくれたのは、62㎝のアメマス!
これは予想外にうれしい1尾ですね!




気をよくして、いろいろやったが他は全滅!
今回のサカナは居つきっぽくてフレッシュなグリーンバックは見られなかった。
気分屋のアメマスなんで、いつ上がってくるのかもわからないし、上がってこないのかもしれないw
たまたまベストな瞬間に、ボクのお気楽な釣りとタイミングがあえばいいなーと思う。

ちなみに鮭チーをたくさん見れたんでこれからなんですかね!ぜひ彼らに御馳走のことを教えてあげたいw








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

シュガーさん、いいアメマス、いいな~!!
今日、釣れなかった訳がわかりましたー(^^/

エンさん、行ってたんですね!
ボクは温泉帰りなんで遅かったです。
逆に良かったのかもしれないですねー(笑)

でも、人も居なく釣れてないんでしょうね…

No title

こんにちはシュガーさん。素晴らしい魚、おめでとうございます。川のことを熟知しているという感じがします。慰労会のあとスーツを着替えて釣りに出かけるなんてなんか絵になっていますね。 今度は無事書き込めるかな。

気ままさん、コメントありがとうございます!

熟知といいますか、尻別川が好きで通っている釣りが好きな1人でございます。
あんまりフレッシュな遡上マスはいませんが、これからに期待して再度挑戦してみます。
このところ山行ばっかりでしたが(笑)

No title

 
シュガーさん、こんばんは!

60アップのアメマス、すごく綺麗な魚体ですね~!☆ アメマスと遊べるのも今時期だけだから貴重ですよね(#^^#)

ほんとにアメマスって気分屋ですよね~!釣り人の定説には外れた行動取りたがりますからね(笑) 

自分も湧別川でシャケの稚魚みましたよ。あの台風と川の造成工事でよく生き延びられたなって感動しました。野生の生命力はすごいですね(^.^)


 今年も共に楽しみましょう!

シンさん、ありがとうございます!

おっしゃるとおり気分屋さんのアメマスですが、なんとか出会うことができました!
次回も逢いたいと思いますが、なんとも(笑)
今回も出来過ぎた釣りがやれたことに感謝ですね!

No title

いいですねえ。
出張の後釣りとか、宴会の後釣りとか、以前はそういう心うきうきする日があったなあ。
出かけなければならない(鴨ネギのような)口実をご褒美としてもらったようで、釣り具や釣りウェアを家内に見つからないよう、密かに車に積み込んでいました。
シュガーさんは、そんなスリル ないですか?

ロッドとリール、三角形の大きなネット、そして尻尾がはみ出す大物のアメマスが一つのフレームに。いいですねえ。
次に魚が掛かる幸運に遭えたら、もうちょっと落ち着いて構図を工夫してみようと思います。三度目の幸運は、まだずっと先だと思いますが・・・。

キャスト練習も、はやひと月近くなります。
が、フライの先生が遠く、強い風にも翻弄され、動画頼みでは振れども振れどもなかなか精度が上がらない状況です。
目下の疑問は、たまにうまく飛ばせたとしても、フライをいかにして沈めて魚の口元へ届けるのかということです。
シュガーさんが、今回の釣行でアメマスを掛けられたのは水深どれくらいのところですか?
ヘッドの先にはどんなラインシステムを組まれているのですか?
使ってみえるフライはどれくらいの重さがありますか?
フライには、ヘッドやアイ、レッドワイアなどの錘になるような物を付けてみえるのですか?
教えて頂けたらありがたいです。

さるぼぼさん、ありがとうございます。

たまにある慰労会が、釣り場に向かいやすいという短絡的な考えでほぼ行ってしまいます(笑)
さるぼぼさんも、フライロッドを振ってるんですね!
ボクは未だに下手なままですが、今回の様子をご説明いたします。
ラインの先端はタイプ3という沈下速度の速いもの?を着けました。たまに替えます。たまに…
フライの重さは計ってないですが、4番くらいのフックにビーズをつけてます。
ただ、フライは場所によってやスレなどを考慮して臨機応変に変えてます。
深さ?1.5メートルぐらいだと思います。あまり気にしたことがなく、単純に見た感じの深さを勘でやってます。
ただ気まぐれなアメマスは膝ぐらいのとこにもいるし、2メートルぐらいの底にもいるし、昨日いたと思ったらもう居ない。笑うしかないですね!
割と行き当たりバッタリなんで、出会えた時は嬉しいですね!
あまり的を得なくてごめんなさい!
お互い楽しみましょう!

シュガー

アイにティペットが通らない・・
タイイングでフックが見えない・・・
老眼が進行中のFly Anglerです。

だいたい釣れません・・・