札幌近郊の川 調査編

the hokkaido center@fly
09 /30 2009
2009/09/27

こんばんは、シュガーです。
ようやく今回で、最後の釣行に追いつきました。なによりです。これからは、たまに釣れる魚をニヤニヤしながら記事にする楽しい作業。一方で締め切りに追われたマンガ家やネタつくりに追われる若手芸人のごとく地獄の作業ともいわれる(ネガティヴすぎない?)「更新」いわゆる「アップ」である。さぁ、シュガーはどっちに進むのやら・・・

今回は、何度か行っている川に日曜日の13時すぎに遊び釣りと思って地図を見たら。ん、近くになんか良さげな川。たぶん40分ぐらいでいけると思い、ナビをたよりに(いわゆる地図という名の冊子)向かいました♪

kinkou+iriguti_convert_20090930230621.jpg
着いてすぐの流れ。ちょっと浅いけどいい感じです。
少し上がっていきますが「シーン」さすが調査隊隊長(メンバーは0人)。はずれ引くのは大得意。

kinkou+hatuhit_convert_20090930231311.jpg
もうちょっと上だな。と勝手に決め込み車で移動。すると、釣り人発見!前人未到の地ではなかったようです。(でも調査隊隊長としては何故かホッ・・)ごあいさつして情報を聞くと初めて入った川のようです。(隊長の称号は彼に譲ろう)その方いわく新子ヤマメとニジマスが釣れたそうです。
一旦、ずーっと上流に行きましたがダメだったので、釣り人の下流まで移動しました。(この無駄な動き。さすが調査である)
すると、写真のとこでライズ♪ウグイかなと思ったら20cmUPのニジマスが。
放流魚ぽかったから、地元で放しているのかな。

kinkou+nizimasu_convert_20090930232916.jpg
その下で、最大30cmクラスを頭に5匹のニジマスが釣れてしまった。少し驚きです。

kinkou+sita_convert_20090930233314.jpg
さらに下流です。この辺りを若干やって時間がきたので終了です。
いつか全体を調査してみたい川ですね。
ちなみに釣りに行くと言えば「えー」みたいな顔をされるが調査と言えば「いってらっしゃい」みたいな顔にかみさんがなるのは何故だろう。いにしえから伝えられた謎である。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

シュガー

アイにティペットが通らない・・
タイイングでフックが見えない・・・
老眼が進行中のFly Anglerです。

だいたい釣れません・・・